2019年7月15日 (月)

豪華客船を迎える舞鶴西港第2ふ頭

近年豪華客船によるクルーズ旅行ブームですね。

空港ひとつも無いという京都ですが、国際港ちゃんと在るんですよ。

それが舞鶴西港。主に第2ふ頭超大型船国際ふ頭受け入れています。

Snapshot284

数年前から、舞鶴西港には数多く大型客船寄港していて、舞鶴発着クルーズ旅行催行されています。

舞鶴湾は、古くから優れた港として利用されてきました。

S1740007a

東港東舞鶴)は、古くは海軍軍港として発展し、現在は海上自衛隊重要拠点として、また北海道への新日本海フェリー発着場として利用されています。

西港西舞鶴)は、古くは貿易港として発展し、近代では外国産材木水揚げなどが盛んでしたが、近年まで貿易港としては衰退し、利用促進策図られてきました。

Dscf7084a

そして、ここへ来て近年クルーズ船ブーム

早速に、それに乗っかったって感じです。(笑)

外国人にとって、日本への観光大きな目的ひとつは、日本の古都である京都観光です。

一般的な外国人航空機空港から入国する人が多いんでしょうが、富裕層外国人船舶港湾から入国します。

S1390026a

関西国際港と言えば神戸有名ですが、神戸港から京都市内までは約1時間。これに比べて舞鶴西港から京都市内までは約1時間30分

少々時間要しますが、渋滞などの混雑が無いので、事実上アクセスに関しては遜色ありません

つまり、外国人観光客京都への窓口として機能し得る港なのです。

Snapshot285

また、日本人豪華客船ブームに対しては、比較的お手軽海外旅行入門編といった海外体験ができる旅行としてお勧めです。

いきなり海外旅行は、治安の面不安大きいでしょう。

その点、豪華客船の旅は、治安の面でも外国の街角比べれば格段に安心でき、外国人との交流楽しめて、いろいろな点非日常楽しい旅行となるのではないかと思います。

Snapshot281a

いつもトワイライトエクスプレス瑞風でのクルーズ憧れ追いかけては紹介をしていますが、初度の目的として果たしたアカツキには、豪華客船クルーズをも楽しみたいと思っています。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

ニチレイフーズダイレクト

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊)

梅雨空続きます。

この時期撮影辛いのが、突然夕立です。

機材濡れることはもちろん、雨粒水煙見通し悪くなり、特に望遠狙おう構えている時は、一気見映え変わってしまうので、撮影諦め変更余儀なくされる場合もあります。

前日から天気予報確認していますが、ロケーション急遽変更しようとすると、移動時間との兼ね合いがあり、あまり冒険できません

Snapshot277

この日降って来ないだろうと思いつつ、かなり湿度高くて、いつ落ちてきてもおかしくない空模様。

特に山間部入ると、天気予報では読み取れないような天候の変化あり得ます。

こんな時は、屋根のある駅撮り安心ですね。

Snapshot279

・・・ということで、綾部駅プラットホームでの撮影決断しました。

この決断功を奏しトワイライトエクスプレス瑞風がやってくる直前落ちてきました。

過去の撮影でも、突然の夕立雨降りの時助けてもらっている撮影場所です。

今回は、トワイライトエクスプレス瑞風通過する8分前到着し、4分間連結切り離して、トワイライトエクスプレス瑞風通過する線路4分前横切りながら対面する方向発車する特急きのさき9号と、さらに2分要しスイッチバック操作を行い、トワイライトエクスプレス瑞風通過する2分前逃げるように発車する特急はしだて7号絡めながら、一連の撮影をしてみました。

大都市部のターミナル駅ならよく見かける光景ですが、2面3線しかない長閑な駅で、けっこうタイトダイヤ組まれていることに驚くとともに、差し迫る時間との戦いの光景興奮感じます。

このコース限らず他のコースでも綾部駅発着する列車トワイライトエクスプレス瑞風通過するタイミング絶妙で、観ていて非常楽しく日本の鉄道正確な時間優秀さ実感します。

Snapshot3d82

また機会あれば、こんな一連タイトダイヤ編成紹介したいんですが、よほど鉄オタでないと興味示しもらえないので、一般受けするネタした方がよいのか考え中です。

ま、もっともトワイライトエクスプレス瑞風ネタしているだけでも、かなり鉄オタ向きであることは間違いないですけどね・・・。(笑)

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
デル株式会社
PREMOA(プレモア)

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊)

いつ夕立来るかもしれない蒸し暑い午後。

雨雲レーダー確認して、できるだけ雲の少ない方面に撮影出向きました。

今日は、質美川橋りょう撮ることに決定

現地は、陽射しこそないものの、切れ間もあって、明るい薄曇りってところです。

Snapshot276

なぜ質美川橋りょう決定したかというと、新しい撮影地見つけたからです。

今までは、質美川橋りょう撮影と言えば、橋脚の足元からナメアゲる画角撮っていました。

前回こそ橋りょうの北詰から視点の高さ撮りましたが、河岸段丘深い谷鉄橋渡る姿は、やはり橋脚の高さ映らない判りませんね。

さらにコンクリート橋ではなく鉄橋なので、周りに響く轟音が魅力ですから、遮るものないところから撮りたいものです。

今回見つけた撮影地は、今まで植林林立していて、全く橋りょう見えない場所でした。

ところが、最近になって伐採された様子で、斜面丸裸になって、そのおかげで斜面最上部お立ち台のようになったのです。

Snapshot3d79

ここからは、質美川橋りょう真正面

遮るものありません

とても良い撮影地作っていただきました。(笑)

ただし、今後夏季雑草繁茂で、この場所から撮り辛くなりそうだったので、早め撮っておこう決心しました。

さらにトワイライトエクスプレス瑞風は、下山駅約4分間運転停車するため、ここで撮った後に素早く下山駅向かえば発車のシーン撮ること可能でした。

Snapshot275

通り過ぎて、直後高屋川橋りょうで撮影することも可能です。

今後有力撮影地なりそう予感です。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

| | コメント (0)

«一昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(上り)