2019年11月18日 (月)

SFCから2020年のANAカレンダーと手帳が届きました

昨年一昨年より1週間ほど早い書いたんですが、今年さらに早くなって16日届きました。

JAL例年どおり同じ時期届きますが、ANA届く時期バラバラなのはなぜなんでしょうね。

Dscf7829 Dscf7831

届いた荷物梱包は、昨年と同じ全く無地単なる段ボール箱でした。

中身の構成は、あいさつ状カレンダー手帳変わりありません

Dscf7837

カレンダー本体は、今年も裸のままで、ふわっと3つ折りです。

折り癖真っ直ぐ伸ばすのに少し手間必要ですが、そんなもの大したことではないですけどね。

Dscf7838_20191118142401

ただ、今年ARアプリを使った動画再生ギミックについては、何も触れられていませんでした。

今年も昨年まで同様ギミック仕込まれているのかどうかは、試してもいないので判りません

Dscf7852

手帳に関して、差し替え式手帳本体は、1か月単位見開きで、変更された様子見受けられませんでした。

カバーについては、例年のようにデザイン変えられています。

Dscf7844 Dscf7851

今年は、カードサイズ青いステッチポケットついていました

Dscf7849

JALとの違いは、このデザイン変更あるので、手帳不要選択しないという人が多くいる思われることです。

ウチは、これ楽しみなのと、比較都合上JAL手帳不要選択していないんですけどね。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
ANAの国内・海外ツアー【ANAトラベラーズ】

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊)

今まで恵まれなかった天候一気に返上しても余りあるくらいの晴天文句つけようありません

この晴天に、どこ撮ろうかと悩んだ結果低い夕陽照らされトワイライトエクスプレス瑞風撮ろうと思い、質美川橋りょうを臨むお立ち台へとやって来ました。

2週間前に撮ったばかりですが、今年見つけこの場所気に入っているのと、2週間後運行時には日入時刻との兼ね合いで、山の陰入ってしまって輝き撮れなくなっているかもしれないと思い、撮り出向きました。

Snapshot457a

前回は、5分前晴れたばかり陽光弱かったんですが、今回しっかりとした陽光照らしてくれました。

落日ギリギリ低い位置夕陽を浴びて、トワイライトエクスプレス瑞風車体色黄金色輝く様は、大変美しいものでした。

また、コンクリート橋とは異なり鋼製鉄橋谷間轟音響かせ渡る姿威風堂々

JR西日本フラッグトレインとしての貫禄感じます。

質美川橋りょう渡った後は、下山駅での4分間運転停車に、高屋川橋りょう見上げる川岸移動しました。

今回は、前回以上シルエット状態が期待できます。

いつもは行き違い列車特急はしだて7号若干遅れることが多く4分間言えど余裕あるんですが、今回早着か感じるくらいのタイミングでやってきて、機材の設置あたふたとしました。

下山駅での離合から発車までを撮る余裕なく発車したばかりトワイライトエクスプレス瑞風追う余裕すらなく高屋川橋りょう渡る姿収めることに専念しました。

若干車体の色解りますが、ほぼシルエット状態で撮ることができました

質美川橋りょう同様轟音響かせ渡っていくトワイライトエクスプレス瑞風は、同じ列車ながら黄昏の空シルエット浮かぶ姿になると、鉄橋渡る音もどこか哀愁漂わせるように感じるのは、気のせいでしょうかね。

これから冬天気の日多くなるので、また撮影地選ぶのが難しくなりそうなのが悩みどころです。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
VAIO STORE
VAIO STORE

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

先日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(下り)

9月の後半から10月いっぱいは、トワイライトエクスプレス瑞風撮影の日には、天候恵まれないことが続きました。

今回は、打って変わって良い天候恵まれたため、久しぶり撮影地出向きました。

Snapshot452

まずは、通称広野カーブ

ここは、3月30日の撮影以来、約7か月ぶりの撮影です。

安栖里~立木河岸段丘地形にある大きなカーブで、京都方面からS字カーブに始まり、大きなカーブの後、トラス式下の郷川橋りょうを渡ってカーブで見切れていく、視野広い景色の中を駆け抜ける姿撮ることができます

とても好きな撮影地なんですが、夏場雑草の繁茂見通し遮られ撮影難しいため、どうしても秋から冬場撮影なってしまいます。

撮影した立ち位置は、架線だけでなく付近電柱電話線電力線うるさいのですが、静止画とは異なり動画はあまり気になりません

静止画撮影者他にいらっしゃいましたが、もっと寄った位置電線避け撮られるので、競合はしないのが気楽な位置です。

ただ、高倍率ズーム使用しながら撮影は、技術力の無さ露呈してしまっているところがお恥ずかしい限りですね。(恥)

固定焦点3Dカメラ3台並べパノラマ風に撮った映像合わせて、マルチ画面構成するのがウチの定番になっています。

ここでの撮影を終えると、急いで撤収し、次の撮影地向かいます。

Snapshot3d189

立木駅行き違い列車待ち合わせのために数分間運転停車しているトワイライトエクスプレス瑞風横目追い越し山家駅ほぼ同時到着します。

山家駅では21分間もの運転停車をするので、そのまま撮影しても良いですが動きがない動画つまらないので、運転停車利用して、さらに先撮影地向かいます。

Snapshot454

続いて場所は、山家~綾部にある第四下原踏切

ここは、6月1日の水鏡に映る映像以来、約5か月ぶりにやって来ました。

3年前に休耕田で栽培されていた後、しばらく栽培されていなかった田んぼに、久しぶり花蕎麦赤い花咲いていたので、撮影をすることにしました。

ここでも、2台3Dカメラパノラマ風狙った映像と、列車追いかけ流し撮り風の映像を、マルチ画面構成することを前提撮影しています。

この場所地元では有名撮影地なので、他の撮影者いらっしゃるかなと思っていましたが、今回独占状態撮影できました

今後晴天の下撮れるいいんですが、山陰方面冬場曇天ほとんどですので、期待薄いですね。

昨年にはたった一度しかなかった雪景色撮れるいいなと思います。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
JAL日本航空 先得
JAL 日本航空 国際線航空券

| | コメント (0)

«おウチに帰ろうっ! 丹後あおまつ号で