« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

JALとANAの修行比較(その4)

国内線の利用において、上級会員魅力は他にもあります。

優先サービスもそのひとつですが、いろいろな優先サービスがあります。

優先チェックインカウンターの利用もそのうちのひとつですが、区分の違いは多少あるものの、JALもANAもほとんど違いはありません。

その後には、セキュリティーチェック(保安検査)優先サービスが待ち構えています。

通常の搭乗の場合、いくつかのレーンに分散をして通過するものの、出発便の多い時間帯は混雑していることが多いものです。

通過するのに10分くらい掛かることもありますし、多客期であれば行列も長くなり、30分以上かかることも珍しくありません。

これじゃ、搭乗する前から疲れてしまいますし、何よりも出発時刻が迫っている場合は、焦ってドキドキしなければなりません。

さらに12月1日からは、手荷物に関するルールが変更になり、セキュリティーチェックを通過するときに手荷物の大きさを確認することになりましたので、今まで以上に時間を要して、混雑に拍車をかける可能性があります。

でも、上級会員なら、混雑したレーンに並ぶことなく、専用のレーンを颯爽と通過できるのです。

まず、ANAの場合は、SFCプレミアムクラス利用者は専用保安検査場を利用できます。

修行効果が発揮できて、修行をしてよかったと実感できる瞬間です。

一般の混雑に巻き込まれることなく、スムーズに通過ができて助かるのですが、利用対象者が多いためにスイスイというわけにはいかず、数人順番待ちがあることは覚悟をしなければいけません。

その点JALの場合は、ダイヤモンドJGCプレミアファーストクラス利用者に限定されていますので、残念ながら単にJGCであるだけでは専用レーンを利用することはできません。

せっかく修行をしてJGCを獲得しても、JGCプレミアまで修行をしなければ、その恩恵を受けることはできないのです。

しかし、利用対象者が絞られているため、検査待ちはほとんどありません

飛行機に乗り遅れるほど混雑をした経験はありませんので、事実上はANAでも問題はなく、利用限定のハードルが低いのでお奨めをしますが、個人的にはJAL優雅さがお気に入りです。



JAL 日本航空

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

JALとANAの修行比較(その3)

上級会員を目指している方々は、目的魅力をドコに求めていらっしゃるんでしょうか?

人によって違うと思いますが、航空会社ラウンジへの入室資格を獲得するために修行をしていらっしゃる方もあるでしょう。

ANA国内線ラウンジには、ANA LoungeSignetの2種類がありますが、SFCを持っている人はどちらのラウンジにも入室することができます。

利用者の絶対数が多い上に、入室資格を持っている人も多いので、ANAのラウンジは多くの人が常に利用しています。

特に修行をしていなくても、一部の空港だけですが、プレミアムクラスの乗客はラウンジを利用できますし、12月1日から上級会員以外でも有料で誰でもラウンジを使用することができるようになります。

つまり、わざわざ修行をしなくても、ANAのラウンジは搭乗者の誰でも利用できる機会が与えられていることになります。

同じようにJALにも2種類の国内線ラウンジがあります。

ダイヤモンド・プレミアラウンジサクララウンジに分けられていますが、ファーストクラスの乗客は利用できるので、運賃さえ払えば誰でも入室できるのはANAと同じです。

でも、JGCを持っているだけではサクララウンジしか入室できず、ダイヤモンド・プレミアラウンジにはJGCプレミアJMBダイヤモンドでないと利用できません。

つまり、ラウンジは2クラス制になっています。

そのため、ダイヤモンド・プレミアラウンジゆったりと寛ぐことができます。

一方、サクララウンジは、比較的利用者が多くなりますが、利用者の絶対数はANAに比べて少ないので、まあまあ寛げるスペースを見つけることができます。

ラウンジの雰囲気は、ANA明るく開放的ですが、シンプルというか少しチープな印象です。

JALは昔ながらのラウンジの雰囲気を守っている感じで、重厚感のある落ち着いた感じですので、小さな子を連れて入るのは気が引けます。

搭乗する飛行機の出発まで寛ぐというラウンジの本質から考えると、JALをお奨めしますが、小さな子同行されるのでしたら、ANAの方がいいかもしれません。

個人的にはJALのラウンジを強くお奨めします。

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

JALとANAの修行比較(その2)

修行は、上級会員になるためのポイント等を、如何に都合よく貯めるかが命題です。

JALの場合は、FLY ON ポイント50000ポイント貯めるか、50回搭乗かつ15000ポイント貯めることが必要です。

ANAの場合は、プレミアムポイント50000ポイント貯めることが必要です。

この点でも違いがあってシンプルなのはANAですが、さらに次の点でも違いがあります。

このポイントは、それぞれフライトマイルを基準にして積算されます。

フライトマイルは、長距離路線のほうが料金に対して多く貯まる傾向にありますから、修行は長距離路線を狙うと効率的です。

早期予約割引運賃普通席がコストパフォーマンスに優れますから、先得旅割といった系列の運賃を利用するのが常套手段です。

しかしSIOUXの場合は、仕事で飛行機を利用することなんて一切ありませんから、全フライトがプライベートです。

費用も辛いですが、何よりも修行のための時間を作り出すのが最大の難関でした。

さらに、仕事の都合は前日終業にならないと確定しませんから、予約した便に本当に乗れるかどうかも微妙でした。

ですから、少しでも搭乗回数日数を少なく、予約変更可能な運賃で修行したいという思いがありました。

予約変更可能な料金には、通常運賃と同じフライトマイル100%積算されるビジネスきっぷがありますので、これを多用しました。

それに、1日当たりのフライトマイルを稼ぐために、アッパークラスシートも利用しました。

JALの場合は座席が3クラス制で、普通席100%クラスJ110%ファーストクラス150%フライトマイル積算されます。

ANAの場合は2クラス制で、普通席100%プレミアムクラス150%フライトマイル積算です。

150%積算されるアッパークラスシートを利用する時に、大きな違いがあるんです。

それは、就航路線便数設定です。

JALファーストクラスは、羽田-伊丹こそ全便に設定されていますが、他には羽田-福岡羽田-新千歳にしかなく、しかも限られた便にしか設定されていません。

ほとんど路線便にはクラスJの設定はありますが、フライトマイル110%しか積算されません。

対してANAは、ほとんど路線便プレミアムクラスの設定があり、もちろん長距離路線である羽田-那覇にも設定されています。

狭い普通席で修行するのに比べて、ゆったりしたプレミアムクラスの修行は、疲労の少なさも影響して、意欲の維持に役立ちます。

これが大きな違いです。

両方の修行を終えた感想では、ANAの方が早く目的を達成できた感があります。

多少の費用覚悟の上で、上級会員早くなりたい方は、ANA選ぶことをお奨めします。

大丸がオススメする季節の情報をご紹介

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月21日 (土)

JALとANAの修行比較(その1)

JALANAの両方の上級会員になった今、修行における比較をしてみたいと思います。

両方の航空会社の飛行機を乗り比べてみて、いろいろと違いを感じました。

一番印象に残ったのは、サービスの違いです。

JALは、親切丁寧でした。でも、悪く言うとクドイ

ANAは、スマートでした。でも、悪く言うと素っ気無い

これは好みの問題ですし、当然ながらクルーによっても違いますので、正確には判断できませんが、概ねの方向性としてはそんな感じでした。

SIOUX全フライトが時間も費用もプライベートでしたが、これは自分の仕事では飛行機には一切乗る機会がないからです。

つまり、飛行機には乗り慣れていない

そんな環境では、JAL親切丁寧なサービスは、とても心地よく感じました。

ANAも失礼なほどではありませんが、クールなサービスですから接客の質は物足りなさを感じます。

でも、仕事でいつも飛行機を利用するビジネスマンは、毎回乗るたびにJALのように丁寧にサービスされても鬱陶しいでしょうから、ANAのようなシンプルな方が好まれるのかもしれません。

JALファーストクラス8000円の追加料金、ANAプレミアムクラスは当日アップグレードで7000円

この料金に対して、それぞれのサービス内容を比較しても、利用者としてはJALの方が圧倒的にコストパフォーマンスは高いと思います。

しかし逆に、サービスを提供する航空会社としては、ANAの方が利益率は高いでしょう。

この違いが、現在の両社の経営状態の違いに現れているのかもしれませんね。

それぞれの方針の違いを感じる接客サービス。

修行を始める前は、ブランドイメージとしてANA派、いわゆる青組だったんですが、修行を終えて両社を比較して、完全にJAL派、いわゆる赤組になりました。

サービス面から考える限り、今後は競合同一路線なら、よほどの不都合がない限りJAL選ぶと思います。

高島屋

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月18日 (水)

ANAマイル修行のアドバイス(その3)

ANAカード入会しておくとお得で安心!

これは必須ではありませんが、事前に知っておくとお得です。

修行を重ねるには、当然ながら搭乗するための航空券を購入することになります。

航空券の購入は、現金で買えばそれっきり

でも、クレジットカードで買えば、ポイントが貯まることはご承知のとおりです。

さらに、そのクレジットカードがANAカードなら、ポイントの変わりにマイルを貯めることができます。

飛行機に乗れば、その距離に応じてフライトマイルが積算されるんですが、ANAカードのお買い物でも、金額に応じてお買い物マイルが積算されます。

つまり、マイルを貯めるために搭乗する航空券を買うときにも、さらにお買い物マイルを貯めることができるんです。

買う店舗を意識して選べば、2倍のマイルを得ることもできます。

どうせ航空券を買うんだから、少しでも有利にマイルを貯めることができる方法として、知っておくとお得な知識です。

しかもANAカードは、入会時や継続時にボーナスマイル、搭乗毎にも一般カード10%ワイドカード25%のボーナスマイルがもらえます。

さらに、どの路線でも比較的安価に設定してあるにもかかわらず、当日購入予約変更もできるビジネスきっぷは、ANAカード会員専用の運賃です。

現金や他のクレジットカードを使うのと比べれば、同じ飛行機に搭乗するにしても、ずいぶんお得であることは、お解かりいただけることと思います。

最後に重要な情報ですが、最終目標のSFCの入会申し込み時は、ワイドカード相当の発行審査がある様子です。

つまり、苦労して修行を重ねてきても、最後にSFC入会の審査に落ちてしまうことになれば、目的達成夢で終わってしまうことになります。

こんな悲しいことが起こらないように、修行を始める時にSFC入会の審査に落ちないかどうか、事前に確かめておけば安心です。

そのためにも、最初っからワイドカードを取得しておくのです。

先に確定しておけば、SFC入会資格を獲得したときにも、安心して入会申し込みをすることができます。

同じ修行をするのなら、少しでもお得に、安心できる状態で修行しましょうよ。


| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年11月17日 (火)

ANAマイル修行のアドバイス(その2)

ANAマイレージクラブに入会をすること!

これはANAで修行をするための基本で、しかも、必須条件です。

もちろん、既に入会済みの人は、重ねて入会する必要はありません。

目的は、フライトマイルを基本にした積算で、プレミアムポイント(PP)を50000ポイント貯めることによって達成されます。

これは、ANAマイレージクラブAMC)に入会しないことには積算されないのです。

ですから、AMCに入会しなければ、修行は始まりません。

AMCの基本は、入会金年会費無料ですし、入会手続きも難しくはありませんので、ポイントカードを作るような気持ちで簡単に入会できると思います。

そして、AMCカードが送られてきたら、すぐに修行を始めることができます。

後は、どんどん搭乗しまくってください。

AMCカードを持つことによって、マイルを貯めることもできるし、PPを貯めることもできるようになるわけです。

また、今ならEdy機能つきカードの発行手数料500円も無料で、電子マネーEdyも利用することができます。

ここから楽しい修行の日々が始まるんです。

あなたは、どんな修行をされるのでしょうか。


ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年11月16日 (月)

ANAマイル修行のアドバイス(その1)

昨年にJALマイル修行のアドバイスってのを書きましたけど、今回のSFC獲得修行完了して学習したことを皆さんにご紹介して、これから修行を始めたいと思っていらっしゃる方の参考になればうれしく思います。

最初のアドバイスは、JALJGC)がANASFC)に変わっただけで、基本的には同じですが…。

最後までやり遂げる自信があること!

気力体力財力を目的達成まで続ける自信がなければ、悪いことは言いませんから、初めっから諦めるほうが賢明です。

飛行機に乗ること自体が好きじゃないと、辛いと感じるかもしれません。

しかし、ANAの場合は、プレミアムクラスが多くの路線に設定されているため、に修行するための手段となり得るのです。

プレミアムクラスの場合、シート疲労軽減に役立ちます。

その上、プレミアムポイントの積算に影響する基本マイル150%になりますから、より早く目標達成させることができるのです。

ただし、料金分だけ費用は必要となります。

JALの場合は、ファーストクラスの設定路線便限られますし、クラスJでは110%しか積算されませんので、少しでも楽して修行したい人はANASFC獲得修行お奨めします。

さぁ、2010年に修行を始めてみよう!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »