« 北陸の温泉を訪ねる2泊3日の旅(その6) | トップページ | 北陸の温泉を訪ねる2泊3日の旅(その8) »

2011年5月17日 (火)

北陸の温泉を訪ねる2泊3日の旅(その7)

翌朝、またまた温泉に浸かり、スベスベ肌を満喫です。

早朝の湯上り処

早朝は、湯上がりにお漬物お茶サービスもありました。(うっかり撮影を忘れました、すいません。)

窓からは庭先の新緑がきれいです

朝食も部屋食で、仲居さんは一品ずつ丁寧に説明をしていただきました。

客室スタッフのサービスは、流石と唸らせるものがあります。

12時まで滞在は可能ですが、10時半過ぎにチェックアウトしました。

フロントで名前を告げると、ロビーのソファに案内されて精算でした。

も駐車場から回送済みで、玄関先に準備していただきました。

干支の置物も飾ってありました

総じて、上質な旅館だと思いますし、サービスも丁寧で心地が良いものでした。

食事美味しかったんですが、構成があまりにも普通でしたので、もっと地の物が食べられると嬉しいと思いました。

料理選択はおろか、追加料理の案内もなく、毛蟹もでませんでしたからねぇ・・・食材のとしては中途半端な時期ではありますが、料理に若干の不満が残りますね。

おとな1人4万円、こども1人2万円でしたので、家族で合計12万円の宿と考えると、妥当かなぁ・・・若干高い気もしますが、ゴールデンウィーク料金でもありますし、仕方のないところでしょうか。

おとな1人3万5千円なら納得かなぁって感じです。

そういう意味では、閑散期の料金で利用すれば、充分に満足できるんじゃないでしょうか。

さて、この後は、県境を越えて恐竜博物館に行ってみましょう。

この続きは、また今度のお話に。


花紫 じゃらんクチコミ

|

« 北陸の温泉を訪ねる2泊3日の旅(その6) | トップページ | 北陸の温泉を訪ねる2泊3日の旅(その8) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸の温泉を訪ねる2泊3日の旅(その7):

« 北陸の温泉を訪ねる2泊3日の旅(その6) | トップページ | 北陸の温泉を訪ねる2泊3日の旅(その8) »