« 高浜原発に関して京都府にも興味ある図がありました | トップページ | 小鯛のささ漬け買いました »

2012年4月25日 (水)

高浜原子力発電所の放射能汚染に関する地図

高浜原発に関して京都府にも興味ある図がありましたの記事で、京都府のWebサイトを探しても、その図を見つけることができなかったことを書きました。

実は、この記事を書くのと同時に、京都府に対してWebサイトの掲載アドレス刊行物を教えて欲しいとメールお願いしたところ、メールでWebサイトに公表されているアドレスを教えてくださいました。

京都府防災・原子力安全課のご担当者様、ありがとうございました。

で、その高浜原子力発電所の放射能汚染に関する地図ですが、文部科学省の緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)を利用した地図なんだそうです。

 ●放射性物質拡散予測の条件

 ●ヨウ素・セシウム(1月・2月・3月・4月)

 ●ヨウ素・セシウム(5月・6月・9月・12月)

図を見ると、季節によって影響する方面が異なることが解りました。

こんなに各方面影響があることが予測されているのに、電力会社は本当に再稼動する気なんですか?

たとえ事故が起こったと認めない場合でも、その季節には常に原発風上にあることは事実なんですけど・・・。

電力会社は1年前に電力不足の予測数値を出していながら、1年経過した現在になってもほぼ同じ数値を出してくる。

じゃ、この1年間、電力会社としては電力不足対策何も講じていないってことですか?

再稼動ありきで、原発廃炉にするつもりなんか、これっぽっちも考えていないんじゃないですか?

なぜなら、新たな発電基盤を確立したとしても、原発は発電を止めて廃炉にした後もこの先ずぅ~っと放射性物質管理経費必要ですから、電力会社の経営状態悪くなるのです。

如何に公共性が強いとは言え、やはり民間会社ですから、経営悪化すれば、電気料金を上げる前下げるべきものがあるでしょう。

JR西日本の裁判でも個人にまでは刑事罰適用されなかったのですから、せめて法人への処罰として幹部を初めとした法人組織減給は実行して欲しいものですが、それが嫌なのですかね。

いっそのこと経営悪化救済措置として、隣接する電力会社に買収していただいて子会社にでもなれば、ようやく幹部は事の重大さ気付いてくれるかもしれません。

自分立場報酬が危ないと・・・ね。

日本の国の政治を動かしているのは、直接的には政治家かもしれませんが、いつの世も実質的に動かしているのは経済界です。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

|

« 高浜原発に関して京都府にも興味ある図がありました | トップページ | 小鯛のささ漬け買いました »

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>レジェンドさん
ご賛同いただいて光栄です。そう、利権がらみなんです。
ただ、そういう政治家に1票を投じて選んだ私たち自身も、自分の地域や組織が他に比べて良くなるようにという利権に期待して、代議士を立てていることも事実です。
直接であれ、間接であれ、多数派が選んだのですから、有権者は選んだなりの責任を負うことも覚悟しなければいけません。
結局は、庶民自身に回帰する問題なのかもしれませんね。

投稿: SIOUX(すう) | 2012年4月26日 (木) 18時53分

おっしゃるとおりです。
利権がらみですよね。
確かに、現時点(ホントの今の今)は問題が無いと思います。ですが、1分先、いえ、1秒先のことは、誰にも解りませんよね。
わが職場でも、阪神淡路大震災の発生後に「火災防災マニュアル」に加え「原発災害マニュアル」を当時の委員の私が作成し始めましたが、結局は、エリア外に避難すること以外には策が無いことになり、マニュアルがマニュアルになり得ぬまま年月が経ち、現在に至ってしまいました。
放射能、当該企業、財界に政府、本当にそれらは庶民には見えないものなんでしょうかね。

投稿: レジェンド | 2012年4月26日 (木) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高浜原子力発電所の放射能汚染に関する地図:

« 高浜原発に関して京都府にも興味ある図がありました | トップページ | 小鯛のささ漬け買いました »