« イケメンばかりのこいのぼりフライト | トップページ | 朗報!小さなお子様の携帯イタズラに困っているお母さんに。 »

2012年5月 8日 (火)

関西電力は日本人の英知を理解していないのでは?

いよいよ日本は、原子力発電皆無の国になりました。

ま、発電していないだけで、原発は相変わらず存在しているんだから、被災リスクは何ら減っていませんけどね。

関西電力管内については、この電力が14.9%も不足するという試算を発表して、1年前の試算からあまり改善されない数値を揚げ、この1年間に何も善処策を講じなかったというを堂々と公言しています。

もしかすると、実は逼迫していないのに、原発再稼動をさせるための脅し文句として、この数値は盛ってあるかもしれませんが・・・。

もちろん現場の方々は、一生懸命にガンバってくださっているんでしょうけど、その苦労を見ようともしない経営幹部が、を恥とも思わず語っているのだろうと思っています。

間に合わないという、時間切れ再稼動目論んでいるのでしょうが、このままでは、業を煮やし英知の発動となるのではないかと楽観的予想しています。

歴史的にみても日本人の英知は、幾多の困難に苦しみつつ、それらを乗り越えてきました。

勤勉な日本人の誇りとも言えるでしょう。

電気が足らないのなら、どうするのか?

知恵を絞り、創意工夫で対応策を模索し、努力の末に、きっと乗り越えることでしょう。

安直に考えても、顧客を抱える企業が、安定に動力を賄うための自家発電を準備することは対処として当然です。

いくら安くても、いつ停電するか判らない質の悪い電気より、多少のコスト高覚悟しても、安定供給を得られる質の高い電気求めるでしょう。

如何に数が多いと言えども、一般家庭の消費する電力なんて、電力会社にとってみれば売上高は比較的小さなものです。

なんと言っても、大口のお客様企業なのです。

ま、その企業望むからこそ、再稼動をさせようとしているのですが・・・。

その結果、どうなるのか?

企業自前電力を準備できるようになってしまうと、関西電力の当てにならない低質の電気売れなくなって、恒常的に大きな減収を強いられることになるのではないでしょうか。

つまり、この再稼動できない場合、関西電力企業見捨てられてしまうのです。

オイルショック経験した日本が、当てにならない石油会社見捨て燃費効率飛躍的にアップさせた実績、その後の売上急落石油業界大改編が起こったことからも、結果は明白だと思いませんか?

折りしも、自動車住宅設備は、発電蓄電装置を駆使して凌ぎを削って競争しながら、追い風に乗ろうとしているところなのですから・・・。

そういう技術供給はあっても需要無かった状況から一変して、逼迫した需要生まれようとしているのです。

そして、この需要こそが、新たな技術革新を生むゆりかごとなり、社会経済の正のスパイラルを構成する可能性秘めていると思っています。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

グリコネットショップ
αGヘスペリジン
グリコネットショップ

|

« イケメンばかりのこいのぼりフライト | トップページ | 朗報!小さなお子様の携帯イタズラに困っているお母さんに。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>。さん
自給率4%の日本が、足元を見られて他国よりも高価な燃料を輸入しているのは、ずっと以前からです。
自給率65%もあるアメリカが、原油が隣のカナダに大量にあるのに、敢えて中東からそれ以上に輸入して、国際的発言権を既得としているのも一因でしょう。
極東の日本は他国よりも遠方で、輸送費が高いってのも一因ですが・・・ね。
遅かれ早かれ関電の経営事情は悪くなると思いますが、原発比率が高いにもかかわらず、今までの電気料金は他社とあまり変わらなかったんですから、償却後更新の引当金(内部留保金)はかなりあると思いますよ。
経営を引き継ぐ発電会社は近隣にもありますから、関西圏は関電じゃないといけないというタクシーのような決まり事は、恒久的なものではないと思い知っていただく良い機会だと思います。
今年の夏も猛暑だとは限りませんが、命を落とさない程度に節電しましょうね。

投稿: SIOUX(すう) | 2012年5月13日 (日) 01時25分

電力確保の問題は100パーセントリンクしてます。
シェールガスという天然ガスが掘られてから、世界的に
LNGは価格が下がっていますが、日本だけにジャパンプレミアムが付いていて
その不利な条件でも、輸入を確保できるだけで御の字っていうのが現状です。
もしシェールガスがなかったら、日本はLNGすらまかなえずに
日本各地で計画停電だったかもしれません。
私もその関内ですので、夏は計画停電で苦労するかもしれませんが頑張りましょう。

投稿: 。 | 2012年5月13日 (日) 01時13分

>レジェンドさん
残念ながら、原発を造ってしまった以上は、放射性廃棄物の処分が完了するまで、安心・安全はやってきません。
使用済み燃料棒は、冷却を続けながら、そこに存在するのですから・・・。
でも、発電を続ければ、どんどん新たな使用済み燃料棒が生まれるのですから、発電を止めない限り安心・安全は絶対にやってきませんよね。

投稿: SIOUX(すう) | 2012年5月13日 (日) 00時28分

原発の稼動が減ってから、日本がどれだけ不利な条件で
他国よりも5割も高い燃料を輸入してるか、知ってて書いてるわけ?
そりゃ、関電も原発以外をフル稼働すりゃ乗り切れるでしょ。その代わり、関電は原料高の大赤字で潰れてしまうでしょうが・・・

投稿: 。 | 2012年5月12日 (土) 21時37分

原発の存在や稼働の是非や放射能関連の問題と、電力消費や確保の問題は「必ずしもリンクしていない」と考えています。
需要と供給の関係にありますから関連性はあると認識していますが、イコールではないと考えています。
当該原発近隣エリア住民の私としては、「安心・安全>節電・停電」ですね。大きな断層付近に居住する身としては「安心・安全」の確保が気になります。

投稿: レジェンド | 2012年5月10日 (木) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関西電力は日本人の英知を理解していないのでは?:

» 政府の需給検証委員会で関西の電力不足14.9%に改善、既存メディアの偏向報道に隠された2つの事実 [shimarnyのブログ]
遂に既存メディアによる原発再稼動への偏見報道は電力不足でさえ国民不安を煽るため事実を捻じ曲げて偏見報道になってきた。原発再稼動ありきの野田政権+官僚+既存メディアの言い分には無理があり過ぎる。 [8日 読売新聞]関電14・9%不足提示 政府・需給検証委員会... [続きを読む]

受信: 2012年5月 8日 (火) 21時41分

« イケメンばかりのこいのぼりフライト | トップページ | 朗報!小さなお子様の携帯イタズラに困っているお母さんに。 »