« 五月晴れのUSJを訪れました(その2) | トップページ | 五月晴れのUSJを訪れました(その3) »

2012年5月21日 (月)

日食の最中の不思議な影

久しぶりの日食観察でした。

前回は南西諸島上空の皆既日食でしたから、3年前になりますね。

今回は金環日食でしたが、京都ではずいぶん偏った状態でした。

言ってみれば、部分日食っていう感じ。

やっぱり写真の才能はありませんでした。(^^;

欠けゆく太陽を写真には撮ってみたものの、やはり上手には撮れません

諦めて、グラスを通して目視楽しみました。

その時、ふと木漏れ日が太陽と同じように欠けた形になるのを思い出して、ちょっと実験を開始しました。

PPC用紙爪楊枝でブスブスッと、何個もを開けて透かしてみました。

お~っ!三日月形の太陽がいっぱい

ほほぉ~、ちゃんと太陽と同じ形になってるじゃん。

ピンホールカメラの原理ですね。

満足して部屋に戻るとき、ふと自分の影を見て・・・おやっ?

およっ?ボヤッとした輪郭の影だな・・・

輪郭ボヤけてる・・・?

そういえば、建物の影もクッキリとした直線ではなく、ボヤッとした曖昧な線の影になっています。

そして、そのボヤけた自分の影をよぉ~っく見てみると・・・。

お~っ!ピンピン跳ねてるぅ~!これ全部三日月形?

およっ?髪の毛がピンピン跳ねてる?パーマみたいにカールしてる?

よく見ると、腕の辺の輪郭も鳥の羽のようにピンピン跳ねてるし・・・。

これって、全部三日月形集合体できてるような影なんですね。

いや~・・・これには今まで気付きませんでした。

日食って、やっぱり不思議ですね。

次回の観測は、今年11月のケアンズ皆既日食か?

それとも、2035年9月の北陸皆既日食か?

楽しみです。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


JAL 日本航空
ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】

|

« 五月晴れのUSJを訪れました(その2) | トップページ | 五月晴れのUSJを訪れました(その3) »

学問・資格」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

天体ショー、よかったですね。
過日の月食とともに子どもと楽しみました。
思い起こせば1981年7月31日の部分日食に向けて
買ってもらった屈折望遠鏡、現在も、親の楽しみに、子どもの夏休みの宿題に、活躍中です。(30年前や、ひゃー)

投稿: レジェンド | 2012年5月23日 (水) 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日食の最中の不思議な影:

« 五月晴れのUSJを訪れました(その2) | トップページ | 五月晴れのUSJを訪れました(その3) »