« 鳥取砂丘と湯村温泉を巡る旅(その9) | トップページ | 鳥取砂丘と湯村温泉を巡る旅(その11) »

2012年9月18日 (火)

鳥取砂丘と湯村温泉を巡る旅(その10)

この宿に対する苦言になってしまうんですが、実は、到着したときから、ずっと何かしらの違和感感じていました。

それが何なのかが、だんだんと判ってきたんです。

大浴場から部屋に戻る途中、ゲームコーナーに寄りました。

スペースはさほど広くはなく、小ぢんまりしたものですが、任天堂の歴代家庭用ゲーム機無料で楽しめるように置かれていました。

そのうちのひとつ、最新のゲーム機Wiiが使えない状態のまま放置されていました。

おそらくコントローラーの電池切れだと思いますが、それが放ったらかし状態なんです。

しかたなく少し古い時代のスーパーファミコンで遊んでいると・・・とある1組のカップルから声をかけられました。

部屋の鍵を紛失したが、ゲーム機の近くに置き忘れていなかったかと言うのです。

付近にはなかったことを答えましたが、その後、そのカップルが回廊を3回ほど探して回っているのを見かけました。

旅館のスタッフ一緒探す様子はなくカップルだけ探しているのです。

明らか探し物をしている挙動の2人に、旅館のスタッフ声をかけていないと思われます。

その後、部屋に戻り、寝ようと布団に入りました。

すると、隣の部屋から大声で話したり、笑ったりするのが聞えます。

超お値打ちプランの場合、団体客部屋割りの結果、同一階で中途半端残った部屋を割り当てられることが多く、団体客隣り合わせになることは覚悟していました。

しかし、その若い男性グループ客の大声12時を過ぎても収まらず、あまりにも酷いのでフロント苦情伝えました。

さて、こんな場合、旅館はどんな判断をするでしょうか。

格安プランであまり利益もたらさない客からの苦情に応えるか、宴会で多くを飲食する利益をもたらす団体注意をするのか、それによってどちらの客を失うのか、どちらが今後の利益につながるのか・・・そういうことを判断することになるのでしょう。

結果、団体客に注意をしてくれたかどうかは判りませんが、2時半過ぎまで大声止まなかったことだけは事実でした。

あんまり大声止まないので、部屋に居ても落ち着かず、もういちど大浴場に向かいました。

すると、エレベーターホールで、玉切れ非常口表示に目が留まりました。

玉切れの非常口表示

これは、宿泊客安全直接かかわることですので、疑問を感じずにはいられませんね。

切れたタイミングにもよるでしょうが、廊下は定期的な巡回がされているはずです。

ましてや、部屋がうるさいと注意来ていたなら、この玉切れ気付かないはずはないでしょう。

浴場の貸し出しタオルバスローブ積み方でした。

屋上展望風呂のタオルの積み方 地下大浴場のバスローブの積み方

が手にとって返しただけなら、一番上の数枚しか乱れませんが、何枚もがまとめて単位毎に乱れています。

その厚みに詰まれているものはペチャンコです。

新しい物を積むときには、先に積まれていた物に積むなど、順番積み換えるのが普通だと思いますが、単に新しい物を上に積んだだけの様子で、これでは下の物はいつ積まれた物だか判りませんね。

感じていた違和感は、こういうところだったのです。

この旅館は、設備整っていて立派な造りです。

宮内庁御用達になる程で、他の旅館に決して引けを取りません

最近の時流に沿ったサービスも提供しています。

でも・・・どうも客に向けて心遣い感じない部分があるのです。

どのスタッフも自分に与えられた担当の作業こなしているのでしょうが、それ以外のことに気付こうとしないのではないでしょうか。

つまり、旅館全体の目的に向けた自分の位置づけ理解できていないため、作業で終わってしまっていて仕事には至っていない感じられてしまうのです。

これは、単なる個人戯言ではありますが、他の宿泊客も同じように感じ取っていらっしゃるのではないかと思います。

奢れる者久しからずと言われないよう良い旅館あり続けて欲しいと思います。

誤解のないように書きますが、旅館としてちゃんとサービス提供されていますよ。

心遣い行き届いているところもあります。

例えば、就寝用浴衣を準備していただいていました。

うれしいサービス 就寝用浴衣

温泉浸かった後の浴衣汗ばんでしまいます。

眠るときにサッパリ新しい浴衣に着替えられるのは、とてもうれしいサービスでした。

このようなアイデア心遣い実践できるスタッフがいらっしゃるのですから、人材の育成に力を入れて欲しいですね。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ






|

« 鳥取砂丘と湯村温泉を巡る旅(その9) | トップページ | 鳥取砂丘と湯村温泉を巡る旅(その11) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳥取砂丘と湯村温泉を巡る旅(その10):

« 鳥取砂丘と湯村温泉を巡る旅(その9) | トップページ | 鳥取砂丘と湯村温泉を巡る旅(その11) »