« ANAで行く日帰り遠足 羽田-伊丹(その2) | トップページ | トリックなトリート »

2012年10月29日 (月)

ANAで行く日帰り遠足 羽田-伊丹(その3)

今回のフライトでは、機内販売を利用する目的がありました。

ドリンクサービスが始まったので、“降りるまでで良いので機内販売を利用したい”旨をCAさんお願いをしておきました。

ドリンクサービス順調に進んでいる様子なので、余裕で機内販売対応をしてくれるものと思っていました。

ドリンクサービスは順調です(3D クリックで拡大画像)

ところが・・・急いで猛スピードで飛んでいるもんだから、離陸20分ちょっとで伊勢湾上空にまで到達していました。

そろそろ高度下げ始め、紀伊半島に差し掛かると、間もなく着陸態勢に入るのが普通です。

しかも、西に進むに連れて、どんどん広がり始め、少しずつ振動のような揺れを感じるようになりました。

少しずつ雲が広がってきました(3D クリックで拡大画像)

ピンポーン・・・インターホン(?)でコックピットからCPさん連絡があったようです。

空かさずにポーン、ポーン、ポーン、ポーンと4回チャイムが鳴り、着席指示がされました。

CAさんドリンクサービス終えると、足早に横を通り過ぎて定位置着席されました。

あの・・・機内販売は?・・・それどころじゃありませんよねぇ・・・。

外を見ると、鍋の抜けたように吹き降ろすダウンバーストと思われる雲の柱があり、そこを大きく迂回して着陸態勢に入るようです。


メガネ用や平行法横並びの立体画像に切り替えるには、3Dオプションをクリックして
赤/シアンサイド バイ サイド設定を変えてください。お好みの立体視に変更可能です。

機内放送で、最終着陸態勢に入ること、機長の指示で客室乗務員着席することが告げられました。

こりゃ、機内販売諦めたほうが良さそうですね・・・。

この日の奈良県の上空は大荒れの様子で、大雨洪水警報も出ていたようですね。

ヤバそうな迂回してしまえば、あとは安定したフライト戻り、いつもより若干南寄りから生駒山系を廻り込んで、伊丹へのアプローチ態勢に入りました。

航路軌跡の一部(電子機器使用可能時間帯のみ クリックで拡大)速度と高度の記録(電子機器使用可能時間帯のみ クリックで拡大)

南からの風でRWY14Rへの着陸を期待しましたが、通常どおりのRWY32L着陸し、13番スポット駐機したのは、定刻より5分遅れにまで回復していました。

ベルトサインが消えた後、CAさんが席まで来て声を掛けてくれて、機内販売対応をしてくれました。

買ったのは、これ。

スターバックスのステンレスコーヒーボトル(10月3日に売り切れ終了)

このボトルを買えるかどうか、ずいぶんとヒヤヒヤしましたよ。

半ば諦めていただけに、到着後に対応してくださったことが、とてもうれしく感じました。

支払いは、もちろん10%引きになるANAカード (SFC)で。

支払いはANA ダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカードで

降機する列に並ぶビジネスマンから投げられる視線が、ちょっとうれしい瞬間でした。

今回の日帰り遠足は、タイトなスケジュールで慌しかったし、招待をいただいたJAL国際線新商品発表会出席できなかったのは残念でしたが、念願の東京スカイツリーを観ることができたし、機内販売も利用できたので、とても満足遠足でした。

あ~おもしろかった!

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ



|

« ANAで行く日帰り遠足 羽田-伊丹(その2) | トップページ | トリックなトリート »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

ANAマイル修行」カテゴリの記事

マイラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ANAで行く日帰り遠足 羽田-伊丹(その3):

« ANAで行く日帰り遠足 羽田-伊丹(その2) | トップページ | トリックなトリート »