« 3D版 あやべ水無月まつり花火大会2013 | トップページ | 日本三景 天橋立を楽しむ(その9) »

2013年7月30日 (火)

日本三景 天橋立を楽しむ(その8)

さて、天橋立と言えば文殊さんですね。

三人寄れば文殊の知恵という諺でお馴染みの文殊堂です。

ここは智恩寺というお寺なのです。

智恩寺の山門 3D画像(平行法)

山門がとても大きくて立派お寺ですね。

風格があって、威厳を感じます。

古いお寺って、どことなく神社っぽい雰囲気も感じるところが多いですよね。

寺院神社って、昔は分かれていなかったんじゃないでしょうかね。

その昔、天橋立神社は智恩寺の境内にあったって言うし・・・、京都市内の清水寺だって地主神社がありますよねぇ。

それを裏付けるかのように、この智恩寺境内には、本堂(文殊堂)の前に、獅子(狛犬)が一対いるんです。

獅子(狛犬)の頭上に角が縦に2本 3D画像(平行法)

しかもこの獅子(狛犬)には、角が生えているんです。

狛犬角があるのは全国的にも珍しくないようで、側の口を閉じた阿吽の吽形狛犬には、縦に2本がある狛犬数多くありました。

でもね・・・ここはお寺なんですよねぇ・・・狛犬がいるけど・・・ね。

鈴を平たくしたような形状 3D画像(平行法)

それに本堂には、ならぬがあり、その造形を見てみると、これは鈴の原型と思われる平たくしたような形状です。

こんなところも神社っぽいですよね。

さらに、今回の智恩寺を訪ねて、一番気に入ったのがこれです。

迫力ある獅子(狛犬) 3D画像(平行法)

本堂(文殊堂)獅子(狛犬)です。

この彫刻迫力たるや相当なもので、しばらく見惚れてしまいました。

神社では、一緒に象(獏)も配置されていますよね。

いやぁ~、ここ智恩寺は、実におもしろい。

さて、本堂(文殊堂)に上がらせていただきましょう。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

楽天トラベル株式会社

|

« 3D版 あやべ水無月まつり花火大会2013 | トップページ | 日本三景 天橋立を楽しむ(その9) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本三景 天橋立を楽しむ(その8):

« 3D版 あやべ水無月まつり花火大会2013 | トップページ | 日本三景 天橋立を楽しむ(その9) »