« 日本三景 天橋立を楽しむ(その1) | トップページ | 日本三景 天橋立を楽しむ(その3) »

2013年7月 5日 (金)

日本三景 天橋立を楽しむ(その2)

天橋立観光と言えば、一般的には北近畿タンゴ鉄道天橋立駅玄関口でしょう。

自家用車での観光客の多くは、この駅付近駐車場を利用されると思います。

しかし、その駐車場容量大きくないことから、休日には満車で困る事態も起こります。

そういう場合には、ぐるっと阿蘇海北側に回り込んで、反対の笠松公園に向かいましょう。

今回は、笠松公園で車を降りました。

天橋立砂州を歩いて海を渡ることができるんです。

特別名勝の文字が刻まれた石碑

特別名勝 天橋立と刻まれた石碑から、いざスタート

その距離は、昔の人は尺貫法で一里と表現していますが、もう少し短くて3.6Kmほどです。

砂州には、大木林立していて、遊歩道として多くの人が行き交います。

レンタサイクルもありますので、自転車で颯爽と駆け抜けることも可能なんですよ。

遊歩道の松並木をゆったりと歩きます 3D画像(平行法)

でも、楽しむには、ゆったり散歩をするが最高ですね。

時々、謂れのある松説明が書かれていたりしますし、ところどころに休憩所トイレもありますので、安心して散歩楽しむことができます。

謂れを書いた説明看板(クリックで拡大)

今は無くなった双龍の松保存されて公園となっていました。

保存されている双龍の松 3D画像(平行法)

気持ちの良い木漏れ日を感じ、両脇を見ながら、ゆっくりと歩いて海を渡るっていうのもいいもんですね。

まだまだ続く松並木 3D画像(平行法)

砂州を歩いて、その半分を過ぎたころ、小さな社を見つけました。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

JAL日本航空 先得
Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】
yoyaQ.com

|

« 日本三景 天橋立を楽しむ(その1) | トップページ | 日本三景 天橋立を楽しむ(その3) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本三景 天橋立を楽しむ(その2):

« 日本三景 天橋立を楽しむ(その1) | トップページ | 日本三景 天橋立を楽しむ(その3) »