« 惜別のトワイライトエクスプレス(第9章 北の大地の夜明けと列車食堂の朝食) | トップページ | 惜別のトワイライトエクスプレス(第10章 遅れた列車ならではの楽しみ) »

2015年2月10日 (火)

JALで行くJAL見学会2015(第1話 ラウンジ比べをしよう)

さぁ、いよいよJAL×リンクシェア合同企画JAL見学会ご紹介しますが、今日から数回はタイトルのうち「JALで行く」の部分です。

「JAL見学会2015」の部分の紹介は、もう少し先になりそうですので、悪しからず

なぜこんなまわりくどい書き方をするかというと、単なる一般人としてのブログ掲載と、事前申請区域でしか撮影が許されない制限がある掲載とに分ける必要があるためで、そのは、見学会明らかになります。

さて、過去2回2012年2014年参加させていただいているんですが、とても楽しく貴重な体験を、今年もありがとうございます

京都からJAL見学会出かけるんですから、もちろん礼儀としてJALで向かいます。

JAL赤組なので、今日はANA東海道新幹線など、青い塗装乗り物には乗りませんよっ!(笑)

そんなワケで、旅の始まり伊丹からです。

今年は羽田空港国際線ラウンジ2か所見学させていただけると聞いています。

んなら、ラウンジ比べながら向かいましょう。

カードラウンジのラウンジオーサカの入口

まず初めは、ラウンジオーサカです。

いわゆるカードラウンジというやつで、内部はあまり広くはありませんし、利用者はいつも多いので、迷惑にならないよう写真撮りませんでした。

掲示のあるカード会社なら、ゴールド級のカードを提示すれば、無料利用できます。

ここは、喫煙室仕切りガラス見通し良く圧迫感ないことと、喫煙室にもパソコン設置してあり、禁煙エリア同様寛げるところが特長ですね。

無料ソフトドリンクの他、パン置いてあるのを見たことがあります。

ただし、一般エリアにあるので搭乗時間かなり前退室しないと、セキュリティーチェック混雑している場合、乗り遅れてしまう恐れがあります。

続いて、JALラウンジに向かいましょう。

JGC獲得修行で得た特典として、JGC用のセキュリティーレーンを使います。

JGCエントランスの立札 JGC専用セキュリティーチェックの入口

この日は、どのレーンも空いてましたけど・・・。(笑)

セキュリティーチェック後は、すぐ隣入口のあるサクララウンジに向かいます。

ここは、入口直後ダイヤモンド・プレミアエントランスからのアクセスと合流し、エレベーター3階へ上がります。

航空会社ラウンジ制限エリアにあるので、セキュリティーチェック混雑を気にしなくて済むので、安心感があってゆったり寛げますね。

3階サクララウンジ特徴は、なんといってもがあって飛行機見えることです。

やっぱり空港ラウンジは、こうでなくっちゃいけません。

しかし、搭乗口まで少し距離があるため、少し早め退室する必要があります。

若干のアルコールソフトドリンクおつまみ無料です。

3階のサクララウンジの入口 3階のサクララウンジの内部

実は、伊丹にはもうひとつサクララウンジがあります。

セキュリティチェックと同じ2階にありますから、エレベーター階段を使う必要ありませんし、こちらの方が少し広い印象を受けます。

2階のサクララウンジは羽田便の搭乗口のすぐ近く 2階のサクララウンジの方が若干広いと思います

羽田便が発着する搭乗口すぐ近くに位置しているため、ゆっくりとギリギリまで寛げるのが特徴ですが、窓がないので飛行機全く見えません

ドリンクおつまみ3階共通です。

さて、あとで今日見学する国際線ラウンジとどのように違うんでしょうか。

ぼちぼち搭乗時間です。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

JAL 日本航空
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

|

« 惜別のトワイライトエクスプレス(第9章 北の大地の夜明けと列車食堂の朝食) | トップページ | 惜別のトワイライトエクスプレス(第10章 遅れた列車ならではの楽しみ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

JALマイル修行」カテゴリの記事

マイラー」カテゴリの記事

カード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JALで行くJAL見学会2015(第1話 ラウンジ比べをしよう):

« 惜別のトワイライトエクスプレス(第9章 北の大地の夜明けと列車食堂の朝食) | トップページ | 惜別のトワイライトエクスプレス(第10章 遅れた列車ならではの楽しみ) »