« JALで行くJAL見学会2015(第6話 憧れのJALファーストクラスラウンジ その2) | トップページ | JALで行くJAL見学会2015(第8話 JALサクララウンジ スカイビューに潜入 その1) »

2015年2月18日 (水)

JALで行くJAL見学会2015(第7話 憧れのJALファーストクラスラウンジ その3)

------------------------------------------------------------------
※このブログに掲載されている写真は、日本航空株式会社の許可を得ています。
------------------------------------------------------------------

いよいよ閉ざされた空間紹介です。

Dsc00056st

JALファーストクラスラウンジ目玉(たぶん・・・)、ご自慢(たぶん・・・)のREDです。

今までの3つ開かれた空間とは、良い意味で明らかな違和感があります。

特別な空間として、全く趣きの異なる空間です。

まず、足を踏み入れると、正面に見えるのは・・・。

Dsc00060st

はい、職人さん登場

JOHN LOBBジョン ロブ)の名を掲げて提供する靴磨きサービス専任職人さんです。

Dsc00061st

ジョン ロブと言えば、イギリスの高級靴メーカーですが、そこでトレーニング受けたスタッフなんだそうです。

本来は、サービス提供時間ではないんですが、特別居残ってこのイベントの撮影のためお仕事の様子を披露してくださいました。

Dsc00062st

職人さん道具も傍らに置いてあって、そのテクニック威厳を感じますね。

そして、ディスプレイ磨き完成

Dsc00063st

こんなにピカピカ履いたことありませんから、小石蹴れないって感じ・・・。

その周りにも、時を過ごす空間があります。

Dsc00066st

JAL歴史物語る展示眺められるようにソファーが置かれています。

ソファー場所によっては、靴を磨く職人さん姿眺めることができますよ。

Dsc00072st

さらに奥にはプレイルームがあって、サッカーゲームチェステーブルが置かれていました。

Dsc00067st

Dsc00069st

には航路図を貼りあわせて仕上げた地図飾られ電燈の笠シャッポ型という凝りよう。

Dsc00070st

靴磨きの反対側にはシャンパンルームがあり、シャンパン日本酒ワインの銘柄が置かれていました。

Dsc00073a Dsc01006a

このシャンパンは、英国王室御用達ローラン ペリエ

リーデルシャンパーニュグラス優雅ひとときを楽しめます。

Dsc00084st

いろいろとおしゃれ感満載REDですね。

ラウンジスペースに比べて、ぐっと大人感まとめ仕上げになっていて、遊び心のあるプロデュースだとは思いますが、落ち着けるかっていうと・・・SIOUXの年代では居心地がいいとはまだ感じられません。

大人感かなりの大人=年輩のイメージですので、この値打ちが解るには、まだSIOUXは数十年かかりそうです。(笑)

隠れ家という位置づけで説明されていますが、もう少し広々感欲しいところですね。

でもね、上質感という視点では、良くできた空間だと思います。

さ、そろそろJALファーストクラスラウンジ見学時間は、そろそろ終わりのようです。

次は、JALサクララウンジ スカイビュー見学です。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

JAL 日本航空
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

|

« JALで行くJAL見学会2015(第6話 憧れのJALファーストクラスラウンジ その2) | トップページ | JALで行くJAL見学会2015(第8話 JALサクララウンジ スカイビューに潜入 その1) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

JALマイル修行」カテゴリの記事

マイラー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JALで行くJAL見学会2015(第7話 憧れのJALファーストクラスラウンジ その3):

« JALで行くJAL見学会2015(第6話 憧れのJALファーストクラスラウンジ その2) | トップページ | JALで行くJAL見学会2015(第8話 JALサクララウンジ スカイビューに潜入 その1) »