« 惜別のトワイライトエクスプレス(番外編 惜別の思いを胸に伊丹に帰る その1) | トップページ | 2015年度のSFCラウンジカードが届きました »

2015年3月14日 (土)

惜別のトワイライトエクスプレス(番外編 惜別の思いを胸に伊丹に帰る その2)

雲の上に出ると、そこは夕陽落ちる間際の空でした。

広がる雲はオレンジ色輝くラインと、群青色くすむラインとに分かれています。

Dsc00287st

だんだん暗い部分が多くなり、薄暮な世界へと変わっていきます。

まさにトワイライト

トワイライトエクスプレスの旅復路は、空のトワイライト楽しめる旅になりました。

シートベルトサイン消えると、ドリンクサービス始まります。

無料ドリンク選択肢少ないANAの時は、いつもコンソメスープにしています。

そういえば、なぜ今回のトワイライトエクスプレスの旅復路ANA選んだのでしょうか?

SIOUXは、自他ともに認めるJAL赤組なのに・・・です。

Dsc00286st

JGC獲得修行完遂翌年SFC獲得修行完遂しているため、毎年ANAマイル貯まってしまうんです。

実は、JALの場合は、毎年初搭乗時ボーナスマイルがありますが、ANAの場合は、毎年ANAカード会員更新時ボーナスマイルがあるんです。

SIOUXが持っているダイナースSFCプレミアムカードの場合、毎年更新時1万マイル貯まりますから、時々は意識して消費しないと、失効してしまってはもったいないですからね。

今回も3月末失効するマイルがあったので、これをSKYコイン換え、それを支払い充て航空券購入したのでした。

Dsc5029b

そんなカラクリで、赤組厳しい目青組飛行機乗っているワケです。

なんだかんだとゴタク並べていますが、要はケチオヤヂなだけですけどね。(笑)

そんな赤組鋭い目が(嫌味な目が?)気になる光景目にしてしまったのでした。

小さな機材なので、早々ドリンクサービス終え3名CPさんCAさんたちが、R1前方ギャレイでカーテンを開けたまま談笑

内容わかりませんけどね。

もしかしたら業務関連会話かもしれませんが、ケラケラ笑いながらなので、談笑にしか見えません。

そんなのは、乗客から見えないような後方スペースでやってください。

Dsc00288a

それにこのCPさん、同じくR1前方ギャレイドリンクサービス後の残った(?)サービス用ドリンク飲んでいらっしゃいました。

これもカーテン半分開いていました。右舷乗客からは見えない位置ですが、左舷窓側からは見えていましたよ。

業務的には休憩時間もあるのかもしれませんが、たった2時間フライトなのに、乗客目の前で、乗客用飲み物喉を潤すんですか?

これも見えない所やってくださいな。

せめて、乗客機内入る前か、機内から退出した後にね。

世間一般的には、居るようなタイミングでは飲みませんよ。しかも、普通客用のものには手をつけませんね。

こんな光景から見えてしまうと、気持ちいいもんじゃありません

今までに乗った飛行機で、こんなことを目にしたことは一度もなかっただけに、ショッキング光景でしたよ、まったく。

さて、そんなことを見て思っているうちに、いよいよ飛行機高度下げ始めました。

20141226ana778gps

雪雲避けてなのか、いつもとはかなり異なったルートで、丹波地方中心縦断するように大きく廻り込みながら伊丹向かったようです。

伊丹空港アプローチするためには、いつも信貴山付近から真っ直ぐ大阪の街直上飛んでいきます。

伊丹空港へのランディングは、街の灯り煌びやかで、とても美しいですね。

歯車のマークをクリックして設定変更すると、メガネ用や平行法用の立体表示にできます。

あべのハルカスを見ながら、大阪城ツインタワー梅田ビル街から、新大阪駅の真上を通過したら、阪神高速を跨いで、着陸です。

RWY32Lに着陸後、11番スポット駐機されたのは定刻より8分遅れでした。

今回の旅は、トワイライトエクスプレス思い出にするために乗車するのが目的でした。

できればA個室トワイライトエクスプレスらしさ”を感じたかったのですが、ただでさえ大人気の列車の、しかも廃止前でしたので贅沢言えませんね。

でも、人生初Bコンパート開放寝台の半個室版)を利用することができて、寝台列車らしさ”を感じることができて、それも良い経験でした。

ラストランの大阪発札幌行きのトワイライトエクスプレスも、今日辺りには回送されて大阪戻ってくることでしょうね。

あ~楽しかった!(^^)V

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(R)

|

« 惜別のトワイライトエクスプレス(番外編 惜別の思いを胸に伊丹に帰る その1) | トップページ | 2015年度のSFCラウンジカードが届きました »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

飛行機」カテゴリの記事

ANAマイル修行」カテゴリの記事

JALマイル修行」カテゴリの記事

マイラー」カテゴリの記事

カード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 惜別のトワイライトエクスプレス(番外編 惜別の思いを胸に伊丹に帰る その2):

« 惜別のトワイライトエクスプレス(番外編 惜別の思いを胸に伊丹に帰る その1) | トップページ | 2015年度のSFCラウンジカードが届きました »