« 北陸あわら温泉2泊3日の旅(その5 花の宿 福寿の大浴場) | トップページ | JCBザ・クラスの2015年後期ベネフィットガイドが届いた »

2015年9月19日 (土)

北陸あわら温泉2泊3日の旅(その6 花の宿 福寿の夕食)

いよいよお楽しみ夕食です。

今回の宿泊は、かなり安価なプラン予約しましたから、果たしてリーズナブルなのかどうかが気になっていました。

部屋の設備をみる限りでは、今のところリーズナブルだと思っています。

夕食は、部屋食ではなくて、時間になったら電話知らせてもらって、食事場所移動です。

食事場所は、いわゆる大宴会場大広間で、それぞれ部屋毎和テーブルが置かれ、グループ分けされた状態でセッティングされていました。

特に仕切り衝立などはなく、どの部屋の食事丸見えです。

小さな子連れだと、周り見え過ぎ落ち着きがなくなるので、少し興奮気味食事をさせるのに困りました

できれば衝立ある嬉しいですが、見通し悪くなる仲居さん食事進捗見渡すのに邪魔になるんだろうと思います。

あらかじめ予約時に、追加料金部屋食にすることもできるようです。

で、夕食内容はこれです。

Dscf0376st

じゃぁ~ん!

取り立てて豪華というわけではありませんし、まぁ安価なプランでの宿泊なので、こんな感じかなぁと思います。

特筆すべきお造りで、見かけによらず(失礼)美味しいのが印象的でした。

単に、獲れたて新しい新鮮)とか、古い熟成とか表現するのではなく、ちゃんと食べ頃合わせ造られたものだということが感じられました。

お魚の扱い解っていらっしゃる方の仕入れ料理なんでしょうね、きっと。

小さな子料理は、こんな感じでした。

Dscf0375st

いわゆるお子様ランチ風スタイルでしたが、チキンライス以外は喜んで食べましたので、きっと美味しかったんだと思います。

そして目に留まったのは、子の食事付いていた飲み物

Dscf0378a

生まれて初めて見ました。

もっと茶色いリンゴ飲料なら知っていますが、こんなバッタもん・・・いや、ライバル商品があったんですね。

この他、予約時に娘が生魚苦手なことを伝え、その代わりとしてオプション料理の牛ステーキとアワビの焼き物を注文していました。

これを受けて、娘の一人分の料理は、お造り茄子の田楽に変えるお気遣いをいただきました。

4年前に利用した旅館といいい、何かと旅館に気を使わせる娘で申し訳ございません。

夕食まで済ませたところですが、安価な宿泊プラン内容として、妥当納得できるものだと感じました。

この後、探検したお風呂入ろうと思います。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

宿・ホテル予約ならじゃらんnet
Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

|

« 北陸あわら温泉2泊3日の旅(その5 花の宿 福寿の大浴場) | トップページ | JCBザ・クラスの2015年後期ベネフィットガイドが届いた »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸あわら温泉2泊3日の旅(その6 花の宿 福寿の夕食):

« 北陸あわら温泉2泊3日の旅(その5 花の宿 福寿の大浴場) | トップページ | JCBザ・クラスの2015年後期ベネフィットガイドが届いた »