« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

とうとう381系電車が引退 最後の国鉄色特急が定期運用を退く

昨日30日、日本国内唯一(?)、国鉄特急色定期列車として走っていた381系電車が、定期運用退きました。

思えば、物心ついてから特急列車と言えば、この塗色当たり前でした。

381201510250800st

この憧れの色の列車乗ることが、ステータスであり、夢だったんですよ。

当時は、まだ急行列車数多くありましたから、まさに特別急行貫禄示すような色使いだったんですね。

381201510251030st

その特別急行も、時代の流れとともに、編成ごく一部だった自由席が当たり前のように増やされ、何も特別ではなく単に名称が「特急」という種別一般的な列車になってしまいましたね。

幼少の頃、SIOUXの憧れは、数年に1度だけ乗ることができたまつかぜ1号でした。

このまつかぜ1号食堂車覚え開かない横長の餘部橋りょうからの景色を覗き超横長硬券きっぷ指定席特急券)を手に眺め、見るものすべて非日常スペシャル特別急行の旅だったことを覚えています。

381201510280800st

ですから、今でも一番好きな車両はキハ80系82形(一般的にはキハ82系って言いますよね)なんです。

そのキハ82系同じ系統デザイン塗り分けられているから、今回の引退には興味があったんです。

381201510290800st

その最後の雄姿最終日には見ることできませんでしたが、慌てて最近撮影に行った写真眺めながら、惜しみたいと思います。

本当は、山陰本線下山駅京都寄りにある高屋川橋りょう渡る姿を、下から見上げるアングル撮りたかったんですけどね・・・。

ちなみに、以前に183系とKTR001型が定期運用を引退するとき撮影しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

びゅう 乗って楽しい列車旅!
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
マカフィー・ストア

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

JGCから2016年のJALカレンダーと手帳が届きました(その1)

今年早く届いたんじゃないでしょうか?

去年は11月下旬だったと思いますが、今年もう届きましたね。

Dsc01142

JALカードのうちの特別な種類であるJALグローバルクラブJGC)の会員に対する、カレンダー手帳が送られてきました。

丁寧封筒型紙ケースに入れられているのは、例年どおりです。

Dsc01147

さらに、板状段ボール折れ曲がり防止保護がされているのも、例年の丁寧さでした。

Dsc01150

これが、JALクオリティです。

今年の表紙は、羽田管制タワーとのショットでした。

Dsc01157

もしかしたら、そんなドラマ用意されているのかも

Dsc01239

カレンダーの部分例年と同じで、書き込みしやすいデザインでした。

さて、同梱手帳もご紹介しましょう。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

JAL 日本航空


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

北陸あわら温泉2泊3日の旅(その15 ゆ楽の朝食と越前松島水族館)

朝風呂の後は、朝食をいただきましょう。

前夜の食事同じ朝食場所は、20畳くらいの別室座敷でした。

バイキングや、大宴会場で区分されているだけだと、小さな子落ち着かないので、本当にありがたい心遣いでした。

Dscf0654st

朝食の品数はまぁまぁ普通ですかね。

取り立てて珍しいものありませんでしたが、唯一、おっ?と思ったのは、左上に写っている一人鍋でしょうか。

朝食一人鍋と言えば、大抵の場合は湯豆腐ですよね?

でも、ここの朝食違うんです。

実は、お味噌汁なんですよ。(笑)

湯豆腐に大きなお豆腐が入っていますけど、紛れもなくお味噌汁でした。

お椀用意するより演出的に派手で、しかも冷めないという利点はあるんですが、ちょっと火が強い沸騰して味噌風味飛んでしまいそうな気がしますが・・・。

ま、美味しかったですよ。

お腹いっぱいの後は、ゆっくり支度をしてチェックアウトしました。

最終日は、もう一度恐竜博物館行きたいという気持を抑えて、越前松島水族館に向かいます。

ここで有名なのは、海洋館サンゴの海水槽ですね。

水槽の上ガラス張り立つことができるんです。

Dscf0682st

立って下を見ると、ほぉ~ら・・・立体写真だとよくわかるように水深の分だけ浮かんでいるように見えるんですよ。

高所恐怖症の人には向かないかもしれませんが、浮遊感気持ちいいですね。

ふと、目を上げるとウチの子が・・・よ、4人居るっ!

Dscf0681st

しかも、せっせっせ~のよいよいよい・・・して遊んでいます。

ほ~っ、何にも教えてへんのに、なかなか面白いボケかましてるやん。

お前はバルタン星人かっ!・・・と突っ込みを入れても解らん年代だしなぁ。(笑)

そして、親子共々お気に入りだったのは、ペンギン館ペンギン鑑賞でした。

Dscf0685st

時間を忘れ食い入るように見ているウチの子達。

あんまり真剣長時間見ているもんだから、とうとうテレパシーか何かでペンギン会話できるようになったようです。

Dscf0688st

最終日は、水族館大正解でした。

子達には好評だった今回の家族旅行

あわら温泉中心にして、周辺観光ゆっくり回るのも良いなと思いました。

今回は向かいませんでしたが、機会があれば北へ足を延ばしてみたいと思います。

あ~、楽しかった

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ




ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

北陸あわら温泉2泊3日の旅(その14 ゆ楽で朝風呂 庭園風呂の吹き抜け天井)

清々しい朝風呂で、美しい庭園を眺めて・・・ふと視線上げると、この屋根支えは、昔風太い梁組み合わされていました。

Dscf0646st

さらに視線上げると、明かり採るための設けられています。

庭園眺められる大きな窓気持ち良いですが、この天窓効果絶大です。

Dscf0645st

この気持ちの良い明るさは、このお陰ですね。

せっかく雨風凌げる屋根があっても、その影響で薄暗くては、閉塞感で気分も晴れません。

この庭園風呂は、解放感耐候性両立した、とても良い造り浴場だと思いました。

さらにさらに視線上げ天井を見ると・・・。

Dscf0643st

とても高い吹き抜けになっています。

二段階に分かれた吹き抜け天井で、側面には湯気抜きスリットが開いていますね。

前日に泊まった福寿の造りとは異なりますが、機能的には同じような効果発揮するものだと思います。

Dscf0644st

天井魅せるための照明取り付けられているので、には異なる趣き天井眺められると思いますから、夜間男風呂になる機会恵まれたいですね。

朝風呂浴びサッパリしたので、朝食をいただきましょうか。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

イオンから株主優待返金引換証が届きました

半期に一度ですが、今年もそんな季節になりました。

Dsc01109

イオンから、オーナーズカードを持つ株主に、定められた率買い物金額から返金してもらえる引換証が届きました。

Dsc01114

今期は、あまりイオンに買い物に行く機会が少なくて、金額的にも少額になりました。

一覧表を見ても、レジでの精算1回毎記載されている回数は、ほんのちょっとです。

Dsc01122

今後、どれくらい利用するかは判りませんが、保有する限り優待をしてもらえるんだから、ありがたいことです。

Dsc01126

パンフレットには、優待取り扱う店舗列記してありますが、関西ではダイエー買収記載増えましたね。

Dsc01132

保有数に対する返金率には、特に変更ありませんでした。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

イオンショップ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

北陸あわら温泉2泊3日の旅(その13 ゆ楽で朝風呂 美しい庭園風呂)

ぐっすりと眠ってが来ました。

さぁ、朝風呂浸かりに行きましょう。

前の晩女湯になっていて、入れなかった露天風呂に向かいます。

更衣室は、屋内の大浴場比べると少し狭いですが、新しく気持ちが良いです。

Dscf0648st

パパッと浴衣脱いで浴場に入ります。

洗い場身体洗います。

常備してあるボトルは、シャンプーリンスボディーソープ3種類と、一般的取り揃えです。

Dscf0639st

朝の明るい浴場は、気持ちがいいですね。

身体を洗い終えて、浴槽の方に目を向けると・・・。

Dscf0641st

おぉ~っ!見事な庭園ですね。

露天風呂だと思って入ってみたら、屋根があるので露天ではなかったんですが、大きな窓(?)から見える中庭はとても美しいです。

大きな石植栽日本的庭園風呂です。

Dscf0642st

庭だけでなく、浴槽側にも大きな石が置いてあって、お湯に体を沈めると、こんな感じで見上げるので、迫力感じますね。

ちょっと引いて全体見渡すと、こんな感じです。

Dscf0640st

浴槽は、大きく気持ちがいいです。

女湯になっていたは、照明幻想的雰囲気加わるんでしょうね、きっと。

庭園眺めた後は、屋根がついているので、そちらを眺めてみましょう。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

北陸あわら温泉2泊3日の旅(その12 ゆ楽の大浴場で入浴)

ゆ楽大浴場にやってきました。

Dscf0616st

館内大浴場3つあり、夜間男湯屋内1か所女湯屋内浴場露天風呂との2か所でした。

翌日の朝には、露天風呂男湯になるようで、そちらの方は入ることにします。

暖簾くぐると、すでに何人か利用者スリッパがあり、あまり多く撮れませんでしたが、差支えのない写真紹介しましょう。

更衣室広く大勢利用できることが一目でわかります。

Dscf0628st

ざっと60人分程度更衣棚がありますが、同時更衣できるのは15人程度窮屈感があると思います。

ま、一気更衣室殺到することなんてないでしょうから、充分な広さですね。

それでは、浴場入ってみましょう。

更衣室左右2か所に、浴場への入口があります。

Dscf0634st

浴場内広く大浴場期待応える広さです。

この広い空間に、3つ分けられ浴槽がありました。

浴槽分かれていますが、特にお湯趣向分けてある様子はなく同じお湯のようです。

整然とした四角い浴槽に、所々、大きな石配置されています。

一番窓に近い浴槽は、大きな石が比較的数多く配置されていますが、特に野趣あふれると言うほどでもありません。

Dscf0632st

床面は、石の洗い出し通路一部石畳配置されていますが、うっかりすると滑ってしまうこともありそうです。

さらに、浴場の一角には、別室のように隔てられた空間に、もうひとつ浴槽があります。

こちらの浴槽は他に比べ浅く小さな子連れでも安心して利用できそうですね。

Dscf0630st

合計4つの浴槽で、同時30人も居れば混雑感があると思います。

お湯は、前日の旅館のお湯比べ熱めにしてあり、同じ温泉源泉一所だと思いますが・・・)でも、温度などの設定印象変わりますね。

照明は、洗い場明るいですが、浴槽付近暗くしてあって、落ち着き演出されています。

この他にも、別料金貸切風呂あるようですが、利用はしませんでした。

さて、身体ポカポカで、今夜もゆっくり眠れそうです。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ


Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

北陸あわら温泉2泊3日の旅(その11 ゆ楽の夕食)

さぁ、夕食の時間です。

ゆ楽夕食も、初日の夕食同様に、部屋食ではなく食事会場移動です。

電話で準備ができたことを知らせてくれました。

大宴会場部屋毎テーブル分けられているのが見えたので、当然、その中のどこかのテーブルだと思っていました。

ところが、その向かい側襖の前に、ウチの名札立てられているじゃありませんか。

そう、大宴会場とは別の部屋個別用意をしてもらっているんです。

ウチとあと1部屋合計2部屋だけ、名札立て個別食事会場用意されていました。

中に入ると20畳くらいの部屋で、そこには5人分が立てられていました。

大人用の膳と、子ども用の膳、幼児用の膳の3種類用意されています。

まず、大人用の膳です。

Dscf0621st

牛ステーキ食べ放題90分間!お肉大好きさん必見!」というプランで宿泊していますので、お肉もたっぷり食べられます。

お肉自体は、特筆するようなところはありませんが、5回ほどお代わりをしたのでボリューム充分です。

写真には写っていませんが、後から天婦羅汁椀デザートが配膳されました。

比較的お安い宿泊料金で、この内容なら、まあ納得ですね。

ただ、お造りは、初日の夕食の方が、断然美味しかったですね。

小学生の子の膳は、こんな感じでした。

Dscf0623st

大人同じようにお肉お代わりできるようですが、お腹いっぱいでお代わりはしませんでした。

幼児用の膳は、いわゆるお子様ランチ風です。

Dscf0622st

これは、まあまあですかね。

何よりも助かったのは、個別部屋だったので、一番下の子落ち着いて食事できたことですね。

それに、早く食事を終えた子が暇を持て余しても、ウチだけの部屋で自由に遊べたので、心置きなく食事をすることができました。

特に高い料金のプランではないのに、どうして個別の部屋になったのか不思議ですが、もしかしたら旅館のWebページから直接予約したからかもしれません。

旅行会社などを通して宿泊している客は、旅行会社の采配たまたまこの宿に泊まっているだけですから、そういう手配やり方をする客がリピーターになる可能性低いだろうし、宿泊料旅行会社手数料分だけ実入り少ないワケです。

でも、Webページから直接予約した客は、この宿探し予約入れたワケですから、他の宿選ばなかった客だし、自分の意思手配をするのですから、リピーターになる可能性高いだろうし、宿泊料実入り全額です。

宿として、どっちの客手厚く迎えるというと、当然の結果だと思いませんか?

こういう目に見えないお得を獲得できるのも、自己手配の良さかもしれませんね。

さて、お腹膨れたし、次はお風呂に入りましょうか。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

びゅう 列車で女子旅 人気エリア、パワースポット巡り
楽天トラベル株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

北陸あわら温泉2泊3日の旅(その10 二日目の宿は ゆ楽)

復路も永平寺大野道路から北陸自動車道へと進み、1時間程度二日目の旅館ゆ楽に到着しました。

前日の花の宿 福寿比べると、大きな旅館です。

玄関の自動ドアが開くと・・・んっ?・・・うわ・・・カビ臭い

いきなりカビ臭お出迎えでした。

チェックインも簡単に済ませ、部屋案内されると、そこは広い14畳部屋

Dscf0602st

でも、部屋真ん中立っていて、ちょっと不自然な感じです。

障子開けると、中庭の池の上の渡り廊下目の前でした。

で、エアコンつけると・・・うっわぁ・・・またカビ臭だぁ・・・。

玄関から部屋の前まで、廊下厚手絨毯敷きでしたし、どうしても湿気るのは解ります。

この部屋の位置も、中庭の池間際にあるので、湿気多いのは解ります。

でもねぇ・・・、エアコンカビ臭いのは手入れ問題ですから、管理してほしいと思います。

玄関廊下消臭とまではいかなくても、せめてお香アロママシンなど、香り誤魔化すくらいの手立てをされてはどうでしょうか。

Dscf0612a

アメニティは至って普通ですが、浴衣草臥れ方がさみしい感じでした。

洗面台は、広い部屋のワリにはシングルシンクで、お風呂は少し大きめユニットバスでした。

Dscf0606a Dscf0607a Dscf0609a

トイレ洗浄便座付き充分な装備でしたが、トイレスリッパ足で踏む面シミがあったのは残念でした。

ここまでで、パッと見小奇麗なのに、あまり清潔ではない印象持ってしまうのは、旅館としてもマイナスでしょうから、もう少し気にかけて手入れをされるだけで、印象はガラッと良くなると思うんですけどね。

Dscf0637st

館内探検にも出かけましたが、規模大きい分だけ宿泊客多く他人写らないような撮影難しく、ほとんど写真撮れませんでした。

Dscf0616st

さぁ、食事の時間になったようです。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

宿・ホテル予約ならじゃらんnet
びゅう インターネット限定ツアー ここでしか買えません!店舗にはありません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »