« 北陸あわら温泉2泊3日の旅(その14 ゆ楽で朝風呂 庭園風呂の吹き抜け天井) | トップページ | JGCから2016年のJALカレンダーと手帳が届きました(その1) »

2015年10月27日 (火)

北陸あわら温泉2泊3日の旅(その15 ゆ楽の朝食と越前松島水族館)

朝風呂の後は、朝食をいただきましょう。

前夜の食事同じ朝食場所は、20畳くらいの別室座敷でした。

バイキングや、大宴会場で区分されているだけだと、小さな子落ち着かないので、本当にありがたい心遣いでした。

Dscf0654st

朝食の品数はまぁまぁ普通ですかね。

取り立てて珍しいものありませんでしたが、唯一、おっ?と思ったのは、左上に写っている一人鍋でしょうか。

朝食一人鍋と言えば、大抵の場合は湯豆腐ですよね?

でも、ここの朝食違うんです。

実は、お味噌汁なんですよ。(笑)

湯豆腐に大きなお豆腐が入っていますけど、紛れもなくお味噌汁でした。

お椀用意するより演出的に派手で、しかも冷めないという利点はあるんですが、ちょっと火が強い沸騰して味噌風味飛んでしまいそうな気がしますが・・・。

ま、美味しかったですよ。

お腹いっぱいの後は、ゆっくり支度をしてチェックアウトしました。

最終日は、もう一度恐竜博物館行きたいという気持を抑えて、越前松島水族館に向かいます。

ここで有名なのは、海洋館サンゴの海水槽ですね。

水槽の上ガラス張り立つことができるんです。

Dscf0682st

立って下を見ると、ほぉ~ら・・・立体写真だとよくわかるように水深の分だけ浮かんでいるように見えるんですよ。

高所恐怖症の人には向かないかもしれませんが、浮遊感気持ちいいですね。

ふと、目を上げるとウチの子が・・・よ、4人居るっ!

Dscf0681st

しかも、せっせっせ~のよいよいよい・・・して遊んでいます。

ほ~っ、何にも教えてへんのに、なかなか面白いボケかましてるやん。

お前はバルタン星人かっ!・・・と突っ込みを入れても解らん年代だしなぁ。(笑)

そして、親子共々お気に入りだったのは、ペンギン館ペンギン鑑賞でした。

Dscf0685st

時間を忘れ食い入るように見ているウチの子達。

あんまり真剣長時間見ているもんだから、とうとうテレパシーか何かでペンギン会話できるようになったようです。

Dscf0688st

最終日は、水族館大正解でした。

子達には好評だった今回の家族旅行

あわら温泉中心にして、周辺観光ゆっくり回るのも良いなと思いました。

今回は向かいませんでしたが、機会があれば北へ足を延ばしてみたいと思います。

あ~、楽しかった

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ




ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

|

« 北陸あわら温泉2泊3日の旅(その14 ゆ楽で朝風呂 庭園風呂の吹き抜け天井) | トップページ | JGCから2016年のJALカレンダーと手帳が届きました(その1) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸あわら温泉2泊3日の旅(その15 ゆ楽の朝食と越前松島水族館):

« 北陸あわら温泉2泊3日の旅(その14 ゆ楽で朝風呂 庭園風呂の吹き抜け天井) | トップページ | JGCから2016年のJALカレンダーと手帳が届きました(その1) »