« ハイアットリージェンシー大阪に泊まってみた(その1 部屋のアップグレードでラッキー) | トップページ | ハイアットリージェンシー大阪に泊まってみた(その3 部屋の装備を探検 後編) »

2016年3月14日 (月)

ハイアットリージェンシー大阪に泊まってみた(その2 部屋の装備を探検 前編)

まずは、部屋装備を見てみましょう。

廊下から部屋入ると、最初目に入るのがコレです。

Dscf1097st

ヒノキかな・・・の木片チップディスプレイねて香木として置かれています。

ほのかな森の香りがする・・・ハズですが、SIOUXは鼻が利く方ではないので、実際のところはよく判りませんでした。

芳香だけでなく、吸臭消臭効果もありそうですね。

一気に部屋の奥まで入ると、窓際には、柔らかな灯りスタンドが立ったテーブルセットがありました。

Dscf1089st

このテーブルのおかげで、仕事勉強捗りましたし、夜食朝食ゆったり摂ることができましたよ。

ベッド入るまでは、このテーブルイス過ごすんですから、とても重要装備ですよね。

ふと、窓の横を見ると、ドアがありました。

Dscf1093st

なにかなぁ~と思ってドア開けると、もう一枚ドアが・・・、しかもノブない

この部屋、コネクティングルームなんですね。

ドアの横にはテレビがあって、そのにはガラステーブル腰掛があります。

Dscf1088st

そして、そのまたには湯茶セットが置いてありました。

常温ミネラルウォーター2本用意されていたので、便利使わせていただきました。

湯沸かし器は、急速タイプ沸くポットですが、その後は直ぐ冷めてしまうので、毎回いちいち沸かすのに1分もの時間を待つのは面倒不便ですね。

いつでも沸いたお湯すぐ出てくれる保温タイプ沸くポットの方が便利だと思います。

Dscf1086st

この湯茶セットには引き出しがあって、ミニバーになっています。

SIOUX下戸ですから利用しませんでしたが、ホテル価格ミニバーって利用する人ってあるんですかね

Dscf1103st

その下には冷蔵庫があって、ビールソフトドリンクたくさん用意してありました。

こちらもホテル価格ですから、そうそう利用ないのでしょうが、ここハイアットリージェンシー大阪は、周辺お店がな~んにもないので、利用せざるを得ないかもしれませんね。

Dscf1104st

事前周辺状況知っていたんですが、何も準備して行かなかったので、ルームサービスコーヒー夜食と共に、何本か利用してしまいました。(笑)

愛煙家SIOUXは、当然ながら喫煙できる部屋希望するんですが、最近灰皿はどのホテルも小さいですね。

どうしてもおかわり必要になってしまいます。

Dscf1106st

添えてあるのはライターではなくマッチですが、オリジナルデザインコストかかっていますね。

イマドキ名入りオリジナルマッチはアイテムとしては珍しく、城崎温泉あわら温泉以来かもしれません。

紫煙燻らせながら、ゆったり寛げるのは至高の時間です。

次は、水周りを見てみましょう。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

JAL 日本航空



ハイアットリージェンシー大阪

|

« ハイアットリージェンシー大阪に泊まってみた(その1 部屋のアップグレードでラッキー) | トップページ | ハイアットリージェンシー大阪に泊まってみた(その3 部屋の装備を探検 後編) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

ホテル・旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハイアットリージェンシー大阪に泊まってみた(その2 部屋の装備を探検 前編):

« ハイアットリージェンシー大阪に泊まってみた(その1 部屋のアップグレードでラッキー) | トップページ | ハイアットリージェンシー大阪に泊まってみた(その3 部屋の装備を探検 後編) »