« 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その3 青松の車内を観察) | トップページ | あけましておめでとうございます »

2016年12月30日 (金)

京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その4 なんと赤松とも出逢う)

宮津に着くと、天橋立方面への方向転換のために、しばらく停車します。

ここで乗客の約半数降りられました。

観光型車輛とは言えど、ビジネス生活にも密接な様子で、ここで車内に残った乗客が真の観光客のようですね。

出発待つホームの反対側に、何やら車輌が入線してきました。

Dscf2810st

おぉ~っ!今度は赤松だぁ!

これも水戸岡デザインの車輛です。

12月からリニューアルし、アテンダントさん2名体制になって運行始めたばかり。

ゆっくり見たかったんですが、間もなく発車するため車内から撮影にとどめました。

発車すると、ひと駅終点天橋立です。

天橋立に到着(平行法用立体画像)

到着後は、数組観光客が、入れ代わり立ち代わりで記念撮影始めます。

鉄オタもちろん、鉄オタではない観光客も、観光型車輛ともなると記念撮影をされるようですね。(笑)

Dscf2811st

その中では一番おしまい乗車記念撮影済ませて、跨線橋を渡って改札出ようとすると・・・何やら入線してくる様子。

待ってみると、再び赤松登場

Dscf2821st

終点同じ天橋立で、追っかけてきたようですよ。

今度は、しっかり間近か撮影ができますね。

乗車定員制のためなのか意外に少ない乗客降りると、記念撮影する観光客らしき人もなく、それでは・・・と写真撮ります。

Dscf2823st

青松赤松との並びパシャリ

この並びは、今後ダイヤ改正があれば、見られなくなる可能性がありますね。

Dscf2828st

さて、せっかく日本三景天橋立来たんですから、ゆっくり観光楽しみたいんですけど、残念ながら時間ありません

お土産だけを買ってすぐさま帰ります。(泣)

天橋立での観光詳細は、以前のブログ記事日本三景 天橋立を楽しむ その1その12)でお楽しみくださいね。

さて、お土産は、なんといっても知恵の餅です。

智恩寺山門前の四軒茶屋に向かいます。

Dscf2834a

四軒並んでいる知恵の餅食べ比べをしてみたい衝動駆られますが、未だかつて試みたことはありません

買うとすぐさま戻り帰り列車切符買います。

今度乗るのは、丹鉄線区内完結する特急列車たんごリレー4号です。

Dscf2842st

ホーム列車待っていると、何やら入線してきましたよ。

見ると、なんと黒松ではありませんか!

福知山で後発し、ゆっくり時間をかけ到着した黒松再び出逢えたのです。

慌ててカメラ探しましたが間に合わず入線写真撮れませんでしたが、次々青松赤松黒松と、水戸岡デザイン車輛たち出逢うことができる天橋立駅です。

1月からは黒松の運行コースが変わるため、この記事同じにはなりませんので、悪しからず・・・。

さて、いよいよ特急たんごリレー4号入線です。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

WILLER TRAVEL
列車旅 びゅう

|

« 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その3 青松の車内を観察) | トップページ | あけましておめでとうございます »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その4 なんと赤松とも出逢う):

« 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その3 青松の車内を観察) | トップページ | あけましておめでとうございます »