« 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その2 黒松や丹後の海とも出逢う) | トップページ | 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その4 なんと赤松とも出逢う) »

2016年12月27日 (火)

京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その3 青松の車内を観察)

さて、乗車した青松には、アテンダントさんが1名乗務されていました。

Dscf2797st

通常運転直接的な関与をする車掌業務されないようで、運行自体ワンマン運転行われている様子でした。

カフェサービスブースなどで、乗車サポート停車駅観光地放送案内ドリンク類・菓子類の販売など、丁寧対応してくださいます。

車内でホットコーヒー購入しましたが、保温タイプ紙コップカップオンドリップ式コーヒー淹れ飲み口付きキャップをして座席まで届けてくださいました。

Dscf2742st

車内は、ご多分に漏れず水戸岡デザイン溢れています。

とにかくふんだん使われているんです。

座席テーブル天板荷物棚ディスプレイ戸棚吊輪といったところに、木質部材が使われています。

SIOUXは旧型客車を知っていますから、それこそ座席でしたけど・・・。(^^;

Dscf2769st

デザイン的には最新なのかもしれませんが、旧型客車懐かしさ蘇りますね。

特にモケットのない木そのもの座席背もたれなんか・・・まるで旧型客車ですね。

Dscf2805st

それに、テーブル天板が、蝶番折り畳み式になっているのも、よく見かける水戸岡デザインですよね。

また、異空間のように突如としてソファー風のベンチシートがあるのも特徴ですし、窓向きカウンター席、4人ボックス席、2人並び席シートバリエーション少数多種なのも特徴的です。

Dscf2791st

地色白抜き文字暖簾だって、水戸岡デザインの車輛では常套手段

水周りには、縄暖簾も良く使われますよね。

Dscf2799st

硝子ロゴ入れるのも水戸岡デザイン

乗降ドアにも松シリーズロゴ擦りガラス仕立ててありますし、ちょっとしたスペース絵画飾られているのもそうです。

Dscf2773st

前後の貫通扉には、青松文字描かれています。

Dscf2756st2

ディスプレイ棚水戸岡デザインの車内ではよく見かけますね。

Dscf2778st

こんなに水戸岡デザイン満載の車内ですが、乗客スペースから目が触れにくい場所である乗務員スペースは、車輌オリジナル造作残されています。

Dscf2786st

乗客ゆったり楽しむ車内のすぐ隣で、運転士さん無機質機器並んでいる運転席仕事をされているんですね。

さて、そろそろ停車駅宮津ですが、そこでまた新た出逢いあったのです。

この続きは、また今度のお話に。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

WILLER TRAVEL
列車旅 びゅう

タカラトミーモール「プラレールショップ」

|

« 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その2 黒松や丹後の海とも出逢う) | トップページ | 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その4 なんと赤松とも出逢う) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その3 青松の車内を観察):

« 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その2 黒松や丹後の海とも出逢う) | トップページ | 京都丹後鉄道の水戸岡デザイン車輌に出逢う旅(その4 なんと赤松とも出逢う) »