« 京都鉄道博物館で休憩できる穴場を紹介します | トップページ | とうとうタンゴディスカバリーがラストランへのカウントダウン »

2017年4月27日 (木)

懐かしの500系新幹線の車内を見学できたっ!

休憩できる穴場を紹介した京都鉄道博物館続きです。

京都鉄道博物館では、行ってみると何かしらイベントやっていることがあります。

12月に行ったときには、マーチングバンドクリスマスコンサートやっていましたっけ。

Dscf2970st

館内車両飾り付けも、クリスマス仕様でしたよ。

で、今回の4月15日は、500系新幹線展示車両車内公開して見学できるミニイベントをやっていました。

Dscf3845st

こだまとして山陽新幹線区間を現役走行していますから、見よう思えることができる状況にはありますが、第1編成先頭車両ということもあって興味深々

大勢の人が順番待ち並んでいました。

Dscf3836st

待ち少ない時を見計らって車内見学させていただきました。

生まれて初めて500系新幹線乗員用扉を利用して車内へ入ります。

如何に現役走っているとはいえ、乗務員用扉からは乗車できませんからねぇ。

Dscf3838st

映像では見たことありますが、実物運転台初めて見ます。

実物運転台見ることができる機会だって、普通ありませんよね。

Dscf3839sta

そして、懐かし車内です。

これは現役営業運転をしている車両車内見ることはできますけど、カバー掛けられていない状態の非営業車内っていうのも珍しい光景です。

息子は生まれて初めて見る500系車内大興奮

SIOUX自身も、16号車には喫煙席車両で乗ったことはあったと思いますが、1号車だった512形車内入るのは初めてだと思います。

今年度は、こんな風に展示車両車内見学できるミニイベント企画されているようで、5月の土日祝には80系電車の車内が公開されるようですよ。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

春の絶景 びゅう

|

« 京都鉄道博物館で休憩できる穴場を紹介します | トップページ | とうとうタンゴディスカバリーがラストランへのカウントダウン »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの500系新幹線の車内を見学できたっ!:

« 京都鉄道博物館で休憩できる穴場を紹介します | トップページ | とうとうタンゴディスカバリーがラストランへのカウントダウン »