« 懐かしの500系新幹線の車内を見学できたっ! | トップページ | トワイライトエクスプレス瑞風の今後の試運転が判る! »

2017年4月30日 (日)

とうとうタンゴディスカバリーがラストランへのカウントダウン

京都丹後鉄道丹鉄)のKTR8000形は、北近畿タンゴ鉄道に始まるオリジナルタンゴディスカバリーから、丹後の海仕様へと順次改造されてきました。

20151121

このブログでは、その変遷追いかけ、丹後の海第1編成から、第2編成第3編成第4編成デビューご紹介しています。

丹鉄KTR8000形は、全部5編成

そのうち4編成が、丹後の海仕様改造済みで、残るオリジナルタンゴディスカバリー1編成のみ貴重な存在となっていました。

5編成全てが、丹後の海仕様改造されるのか、それとも最後1編成タンゴディスカバリーオリジナル仕様のまま残されるのか、はたまた外装タンゴディスカバリーオリジナル塗装で残し、サービス向上のために内装だけ丹後の海仕様改造されるのか、その動向気にしていました。

そして、いよいよ丹鉄は、4月26日に最後の1編成を丹後の海に改造することを発表しました。

長年慣れ親しんできたタンゴディスカバリー無くなってしまうのは残念ですが、丹後地方への観光客誘致役割担う以上、少なくともオリジナル内装では責務果たせないのは目に見えていますから、改造仕方ないところだと思います。

タンゴディスカバリーは、5月6日のラストランに向けて、自社の丹鉄線区内ヘッドマークを付けて運行されるようです。

最後の雄姿カメラ収めようと、多くファン名残惜しんでいます。

ヘッドマーク付けていない平常時のタンゴディスカバリーは、もう残念ながら見ることできませんね。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

さくらんぼ狩り びゅう

|

« 懐かしの500系新幹線の車内を見学できたっ! | トップページ | トワイライトエクスプレス瑞風の今後の試運転が判る! »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうとうタンゴディスカバリーがラストランへのカウントダウン:

« 懐かしの500系新幹線の車内を見学できたっ! | トップページ | トワイライトエクスプレス瑞風の今後の試運転が判る! »