« 三井住友プラチナカードのグルメクーポン(2017年後期)が届いた | トップページ | 本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊) »

2017年9月11日 (月)

心奪われた魅惑の丹鉄おもちゃ列車に乗る(その2 子も親も楽しめる車内と車窓)

前回不正に運賃をぼったくられた件愚痴ってしまいましたが、事前Web乗車予約をすれば、そんな問題起きることもなく、しかもクレジットカード払いできるのでお得です。

さて、今回純粋おもちゃ列車魅力紹介しましょう。

おもちゃ列車という企画全国でもチラホラありますが、なぜか申し合わせたようにプラレール車内設置され、本物列車乗りながらにしておもちゃ列車遊ぶという本末転倒のようなものです。

Snapshot23

丹鉄おもちゃ列車例外ではなく単純プラレール設置された車輌なんですよ。

ただ、丹鉄の場合は、おもちゃ列車使用されている車輌お座敷仕様なんです。

窓側両サイドにはロングシートがあって、ロングシート腰掛けお座敷座り込んで遊べるので、遊んでいるのを見守るのにも好都合です。

Dscf4332a

ロングシート座った親は、向かい側車窓パノラミック眺めることができるし、あおまつ号(またはあかまつ号)に併結されているため、元伊勢神宮内宮(または由良川橋りょう奈具海岸)などの観光眺望スポットでは徐行一旦停止をしてくれます。

観光アナウンスあるので、プラレール楽しんでいる間でも、親だけ退屈ってワケでもありません

Dscf4340st

それに、このお座敷車輌は、よく見ると車輌保有する北近畿タンゴ鉄道オリジナル仕様があって面白いんです。

畳の縁は、KTR文字車輌イラストデザインしたもので、鉄オタにはウケる仕様ですよね。

Dscf4343a

おもちゃ列車企画券運賃取り扱いについては、前回に記事にしたので重複して書きませんが、乗車するための料金運賃割高感あるがため利用少なく、そのおかげゆったり寛ぎながら遊ぶことができる様子です。

車内乗務員聞いてみると、折り返し便事前予約は、今乗っている便よりさらに少ないという返事だったので、殊更ゆったり遊べるというワケです。

さて、観光シーズン10月11月は、どれくらい賑わい見せてくれるんでしょうか?

ぜひ一度乗車してみてくださいな。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

青森・函館ダイナミックCP

|

« 三井住友プラチナカードのグルメクーポン(2017年後期)が届いた | トップページ | 本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

カード」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心奪われた魅惑の丹鉄おもちゃ列車に乗る(その2 子も親も楽しめる車内と車窓):

« 三井住友プラチナカードのグルメクーポン(2017年後期)が届いた | トップページ | 本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊) »