« 昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊) | トップページ | 本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(下り) »

2018年6月 3日 (日)

昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽コース(下り)

結果として、2日連続撮影となりました。

本当は、今日撮影つもりなく連れ合い息子とで、京都鉄道博物館出かけることにしていました。

今朝になって、それならトワイライトエクスプレス瑞風見てから、その後京都鉄道博物館行こうってコトに急遽予定変更

この目論見は、連れ合い未だトワイライトエクスプレス瑞風を見たことがないので、将来乗車向けてのおねだり都合上、見せて(魅せて)おくべきだという判断です。(笑)

Snapshot34a

普段から撮影使っている3軸スタビライザーは、持っていることを敢え話したことなかったし、見た目にも目立つので、今回持って行かないことにしました。

ま、京都駅での撮影何度もしているので目新しいこともないし、突然3軸スタビライザー持っていることを明かして、連れ合い感情逆撫でするリスク負いたくないと思ったんです。

しかし、このことが、この後、悔しい思いをすることになるとは・・・。(泣)

Snapshot31st

定刻入線見つめ連れ合い

その眼差しに、まんざらでもない印象を持ってくれたと確信しました。

まずは第1印象は、成功のようです。

土曜日京都駅は、観光客偶然トワイライトエクスプレス瑞風との出会い大興奮カメラ向けていました。

Snapshot36st

いつものようにホーム状況撮りながら5号車サロン・ドゥ・ルゥエスト近づいた時・・・食堂車クルー次々ホーム降り勢揃い

今まで何度京都駅大阪駅クルー数名撮れチャンスありましたが、これだけ大勢横一列並ばれている状況撮れチャンス初めてです。

もっと綺麗映像収めたかったのですが、残念ながら3軸スタビライザー装着していません。

こんなチャンスあったんなら、ちゃんと撮影準備して来るんだった・・・と、とても悔やまれました。

ともあれこの演出は、連れ合いトワイライトエクスプレス瑞風見せる(魅せる)には充分効果ありました。

停車時間10分間もありますが、ドア乗客乗り込んだことを確認して、早め閉められます。

Snapshot32st

京阪神過密ダイヤタイト隙間走り抜けることを求められているため、発車のタイミング極めて重要です。

運行側理論からすれば、早めドア閉めて、いつでも発車できる体勢待ちたいというのが本音でしょう。

見物側からすれば、ドア閉まったのに発車しないのはなんでだろうと思われるかもしれませんが、考えると、ドア閉まってからでもゆっくり見物する余裕あるので、少しの間ですが楽しめますね。

この時間利用して、乗り込んだ乗客は、自室から最後尾展望デッキまで移動できる余裕生まれるようです。

Snapshot34st

静々厳か発車するトワイライトエクスプレス瑞風見た魅た連れ合いは、将来乗車することを許してくれるのでしょうか(笑)

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

JAL日本航空 先得

|

« 昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊) | トップページ | 本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(下り) »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

ホテル・旅館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽コース(下り):

« 昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊) | トップページ | 本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(下り) »