« アンパンマン列車に乗るなら、グリーン車か?アンパンマンシートか? | トップページ | 本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(上り) »

2018年8月17日 (金)

瀬戸大橋アンパンマントロッコで、さようなら四国

結果的にキャラクタートレイン楽しむ旅となった今回の四国への旅

ハローキティ新幹線で新大阪~岡山体験し、アンパンマン列車で琴平~土佐山田~琴平駆け抜けて、この乗車今回の旅での最後の楽しみとなりました。

締めくくり乗るのは、瀬戸大橋アンパンマントロッコです。

Snapshot64a

13年前偶然入線してきたところを急遽指定券買い求めたときには、まだ知られていなかったからなのかガラ空き状況でしたし、当時車輌緑色一色塗られていて、アンパンマン仕様にはなっていませんでした。

ところが大人気で、乗車2週間前の時点で空き通路側3席のみ。

Web画面では予約空き確認できない列車設定になっていて、仕方なく駅の窓口近い席確保したものの、その後何度窓口通ったものの新たなキャンセル無く当日通路側同士隣接席ようやく確保という、入手一番苦労した列車でした。

Dscf6279st

瀬戸大橋アンパンマントロッコ2輌編成で、そのうち1輌トロッコ車輌運転台付き付随車キクハ32

もう1輌は、動力車となるキハ185で、基本的に乗車用車輌として、この車輛座席対しきっぷ販売されています。

トロッコ車輌には、乗車用車輌同じ座席番号割り当てられていて、乗車用車両きっぷを持った乗客は、トロッコ車輌にも座れるようになっています。

Dscf6282st

つまり、ミラーリングされた座席トロッコ車輌にあって、全員乗車用車両1席トロッコ車輌1席合計2席ずつ座席使えるようになっているのです。

ただし、トロッコ車輌使用できるのは琴平~児島JR四国管轄区間のみで、JR西日本管轄児島~岡山区間は、乗車用車輌にしか居られません。

そのためか、乗客中に児島降りて、先発する快速マリンライナー乗り換えて、その後移動される乗客ありました。

Dscf6278a

オープンエアトロッコ車輌は、解放感たっぷりです。

しかもにはがあって、車輌線路地面流れ様子楽しめます。

さらに側壁にもがあって、座席の上立たなくても外の景色楽しめるので、小さな子たち大満足の様子。

楽しかった瀬戸大橋アンパンマントロッコ様子は、下の動画ご覧ください

連れて行った子にとっては、生まれて初めて海を渡る旅でした。

今度は、観光列車楽しみ訪れたいと思います。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

|

« アンパンマン列車に乗るなら、グリーン車か?アンパンマンシートか? | トップページ | 本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(上り) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸大橋アンパンマントロッコで、さようなら四国:

« アンパンマン列車に乗るなら、グリーン車か?アンパンマンシートか? | トップページ | 本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(上り) »