カテゴリー「ニュース」の記事

2020年1月29日 (水)

京都丹後鉄道(丹鉄)にKTR300形の2号機(KTR302)が納車されました

昨日1月28日に、京都丹後鉄道丹鉄)に新型一般車輌2号機納車されました。

昨年3月17日納車された1号機に続く、23年ぶり新型車輌2号機です。

Snapshot515

形式KTR300形で、1号機であるKTR301は車体カラーが赤色でしたが、2号機KTR302の車体カラーは緑色でした。

現在稼働しているMF100形MF200形後継機種となる模様です。

MFとは宮福鉄道車輌形式で、北近畿タンゴ鉄道移管され、現在は運営京都丹後鉄道任されています。

大江山鬼伝説にちなんで、千歳緑を塗色としたMF100形青鬼鳶赤を塗色としたMF200形赤鬼と呼んでいました。

このことから、MF200形後継KTR301MF100形後継KTR302という解釈ができます。

現存しているMF形は、MF101、MF102、MF103、MF104、MF201の5輌で、元々6輌だった両形式のうち、MF202は昨年2月車輌故障発端廃車となっています。

MF101~104の4輌緑色青鬼であり、赤色赤鬼はMF201のたった1輌しかなく、廃車となったMF202は赤鬼だったのです。

KTR300形は、あと3輌納車されるハズなんですが、この後車体カラー何色納車されるのでしょうか・・・。

楽しみですね。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
高速バスWILLER EXPRESSのシート一覧
高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

| | コメント (0)

2018年7月17日 (火)

【速報】トワイライトエクスプレス瑞風がコース変更して運行

この度の平成30年7月豪雨影響で、トワイライトエクスプレス瑞風コース変更して運行されます。

7月18日(水)・19日(木)・20日(金)山陽・山陰コース(周遊)は、山陽本線通らず山陰本線のみ走行するコース変更されます。

Snapshot16

具体的には、1日目山陰コース(下り)1日目行程で運行し、浜田折り返しをして、2日目3日目通常行程運行されます。

そして、8月1日(水)・2日(木)山陽コース(下り)は、山陰コース(下り)振り替え運行されます。

豪雨影響いつまで続くのか判りませんが、8月3日以降運行計画は、別途リリースある模様です。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

関西特集 びゅう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月16日 (土)

本日のトワイライトエクスプレス瑞風 京都鉄道博物館に展示

トワイライトエクスプレス瑞風営業運行開始したのは、2017年6月17日でした。

つまり、明日ちょうど1年というコトになります。

JR西日本は、トワイライトエクスプレス瑞風運行開始1周年イベントとして、京都鉄道博物館で、トワイライトエクスプレス並べ展示するという企画がされました。

今朝早速京都鉄道博物館向かったのですが、自宅出る段階から、入線作業始まるという10時30分には間に合いそうにもありません

諦め気味京都駅から歩いていくと、10時30分過ぎているのにトワイライトエクスプレス瑞風お尻見えています。

Dscf5708a

おぉ~っ!こりゃ、まだ間に合うかも・・・。

そう思って、息子引き急ぎ足入館口向かいました。

入館券購入する長い列巻き込まれるのを恐れ事前京都駅近くコンビニチケット購入しておいたのでスムーズ入館できましたが、入館券売機への恐れるほど長いものではありませんでした。

展示場所ごった返していると推測し、敢え蒸気機関車館から連絡デッキ様子覗いました。

Dscf5709a

あれ・・・?少ないじゃん。

な~んだ・・・。

ウチトワイライトエクスプレス瑞風思い入れあるから構えていたけど、一般的には人気然程でもないかもしれませんね。

そりゃ、一般人にとっては、鉄道そのものにも興味薄いんだから、ましてカルトクルージングトレインなんて、存在すら知らない人多いのでしょうね、きっと。

館内展示エリアに行っても、それほどの混雑でもなく易々規制ライン最前列撮影できました。

こんなことなら、もう少し早め到着できれば、かなり満足のいく映像撮れたのでしょうが、子連れという条件では、これ以上早い到着不可能でしたから、諦めしかないですね。

その後は、2階レストラン食事しながらトワイライトエクスプレス瑞風トワイライトエクスプレス入れ替え作業眺め段々飽きが来る息子機嫌気にしながら、たった2時間足らず京都鉄道博物館後にしたのでした。(泣)

Dscf5722a

おかげで、並び撮ることもできず鉄オタオヤヂには不満残る見物となりましたが、今日というイベントの日京都鉄道博物館くことができこの様子見ることができただけでも、感謝をしないといけないのかもしれませんね。

Dscf5726a

少なくとも、向かう途中息子機嫌損ね現場にさえ辿り着けないことだってあり得るんですから・・・。

でも・・・行きたいって言ったのは、息子なんだけどなぁ・・・。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

関西特集 びゅう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

いよいよトワイライトエクスプレス瑞風が正式に公開されました

試運転繰り返されていたトワイライトエクスプレス瑞風

これまでは黒いフィルムコーティングされた仮の姿でしか見ることができませんでした。

今日、いよいよコーティングフィルム剝がされ真の姿で、公式お披露目が行われましたね。

自分自身は、未だ実際にその姿を見たことありませんが・・・。(笑)

関西のニュース番組では、夕方には特集を組んで放送されています。

現在までにYouTubeで一般に向けてアップロードされている動画から、共有という形でいくつか紹介しましょう。

法的に、どれ合法で、どれ違法なのか、こちら判断することができませんので、その判断YouTubeお任せし、違法なものは削除されていくと思われます。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

地震を教訓にして山陽新幹線で新たな保守用車両が導入されます

熊本地方で大きな地震が発生し、多くの方々の死傷の報に触れ、心よりお見舞いを申し上げます。

この地震で、回送中の800系新幹線が脱線するという事態起きています。

一昨日JR西日本から山陽新幹線の保守用車両が新たに導入されるというプレスリリースがあったので、ここで紹介します。


http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/04/page_8606.htmlから埋め込みコードをコピーして共有

まず、最初にご紹介する車両は、新幹線用電柱建替車です。

東日本大震災後、高架上に建てられている電柱コンクリート製から鋼製建て替えされているんですが、電柱建て替えをするための保守用車両2編成導入するようです。

従前は、高架下クレーン設置し、高架下から作業建て替えがされていました。

しかし、クレーン設置可能場所ばかりじゃないでしょうから、できないところあったようですね。

この車両は、高架下条件左右されずに、軌道上から建て替えできる車両みたいです。


http://www.westjr.co.jp/press/article/2016/04/page_8606.htmlから埋め込みコードをコピーして共有

もう1種類車両は、新幹線用まくらぎ交換機編成です。

新幹線のまくらぎ逸脱防止ガード敷設するための車両です。

新潟県中越地震や、今回の熊本地方の地震で起こった脱線の際に、車両線路から大きく逸脱しないように敷設するガード固定するためのまくらぎ交換に使用されます。

姫路~博多駅間約110kmの区間で、平成34年度末までに逸脱防止ガード追加整備がされる予定ですが、逸脱防止ガード敷設にあたって、連続するまくらぎ効率的な交換必要となることから、世界初となるまくらぎ交換用保守用車1編成導入されます。

地震の多い国である日本高速鉄道にとって、安全最重要課題です。

特に、東海地震については、東海道新幹線直撃する位置で起こるだろうことは判っていることですよね。

こうして不断の努力安全整備進められていることに、とても頼もしいと感じました。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

とうとうトワイライトエクスプレスの廃止が公式発表

ついに、とうとう公式発表されてしまいましたね。

予てから、実しやかはされていましたけどね・・・。

廃止が公式発表されたトワイライトエクスプレス

JR西日本トワイライトエクスプレスが、平成27年春に運行を終了することがプレスリリースされました。

列車を迎える食堂車スタッフ一礼も、見ることができるのは春までですね。

トワイライトエクスプレスの食堂車 ダイナープレアデス

日本で唯一ランチを楽しめる食堂車も、利用できるのは春まで

食堂車フルコースディナーを楽しめるのも、あと少しです。

廃止までに、ぜひ乗っておきたい列車ですね。

これに先立って、先週には新たな寝台列車の導入プレスリリースされていますが、記事を読む限りは、JR九州ななつ星によく似たコンセプトですので、庶民にとっては高嶺の花で手の届く範囲ではなさそうな気がします。

大人気のA個室寝台はプラチナチケット

トワイライトエクスプレスは、車両老朽化や、複数他社鉄道線を走ること、1車両あたりの乗客数少ないことを考えると、営業収支としては走らせれば走らせるほど大赤字でしょうから無理もない判断ですけどね。

でも、ファンとしては広告宣伝費支出の代わりの看板列車として、走らせ続けてほしい無責任願うんですよね。

このトワイライトエクスプレスは、鉄道史に残る伝説列車になるんでしょうね、きっと。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ




| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

ホンダがF-1復帰を正式に発表しましたね

予てからにはなっていましたが、ついにホンダF-1への復帰を正式に発表しましたね。

かつて一世を風靡したマクラーレンホンダhttp://f1-gate.com/honda/f1_19381.htmlから引用

自動車レースの最高峰であるF-1で、一時は独占的勝利を収めていたホンダですが、本業の業績悪化によるレース活動費の削減のために2008年に撤退していました。

近年の業績回復復帰・・・って論法は簡単ですけど、きっと裏には複雑エピソードがあるんだろうと思います。

同じく現在は撤退しているトヨタの動きを牽制する意図もあるでしょう。

また、F-1で最近の王者であるレッドブルは、ルノーエンジン常勝していますが、名目上ルノーと謳いながら、技術的には日産支えていることも視野に入っているでしょう。

F-1参戦する意義は、広告的効果だけのように思われていますが、レース現場から得られる技術的な蓄積は、自動車開発大きな力になりますから、どのメーカーも余力があるなら参戦したいと思っているでしょうね。

ま、本当はF-1よりもラリーツーリングカーレースの方が、現場から得られる技術蓄積多いのでしょうが、日本国内における広告的効果はF-1の比ではないほどちっぽけですからね。

2015年に見られるホンダ活躍期待をしたいと思いますし、ぜひ日本人ドライバー参戦復活にも期待したいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

原発の緊急用取水は大丈夫?クラゲの大量発生の影響は?

関西地方では、ちょっとしたニュースになっているクラゲの大量発生

漁業への影響はもちろんですが、逼迫しているハズ発電事情にも大きな話題を呼んでいます。

https://encrypted-tbn3.google.com/images?q=tbn:ANd9GcT3IaLCbEp4euwALvQpc3Z_KHumdtj5njTkZa5NfxforAt20maqから引用(資料画像)https://encrypted-tbn3.google.com/から引用

火力発電所稼動停止せざるを得ないくらい、取水口詰まらせているんですね。

クラゲの影響で、原発1基程度の出力が落ちるって記事もある様子です。

こりゃ逼迫する電力供給事情に大きな影かと思いきや、関西電力は影響はないと発表。

???原発の再稼動時は、あれだけ電力が足りないと危機感煽っていたのに、原発が動き出してしまえば、一転、原発1基分相当の発電が停まっても大丈夫と・・・???

原発再稼動では、火力発電所を8基も停止させるという摩訶不思議な話も報道されています。

そんな中で怖いのは、原発の緊急用取水口への影響です。

出力を下げなければならないほど冷却用の取水が困難な状況なのですから、大飯原発の2基フル稼働で、もし事故が発生したら・・・。

緊急に一気に大量の水で冷却しなければいけないのに・・・その緊急用の取水困難・・・ということになるのではないしょうか?

つまり、非常停止装置作動するかどうか判らない状態であるにもかかわらず、稼動運転を続けているということ?

ブレーキ壊れた2台のを、フルスピードで並走運転しているようなものですよね。

もしそうなら、怖いですよねぇ・・・。

あの事故の教訓は、ドコに活かされているのでしょう?

全く活かされていないということなのでしょうか?

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

高浜原発に関して京都府にも興味ある図がありました

今日の夕方、関西テレビのニュース番組で、大飯原発再稼動に関して、経済産業副大臣が滋賀県知事・京都府知事に説明をした報道がありました。

まずは、このニュース映像2分32秒から2分35秒までの部分を見て欲しいと思います。

京都府知事のバックに、ホワイトボードに張られた1枚の図です。

知事の頭でタイトルの全部は見えませんが、「放射性ヨウ素・・・」や「高浜原発1号機で事故・・・」の文字が読み取れます。

その下には、福島原発事故の数日後に公表された放射性物質汚染の影響範囲を示す図に似た印象の地図が描かれているんです。

やっぱ、あるんだ・・・こういう想定図

あくまでも想定の条件下で描かれたものでしょうから、別の事態になる可能性はあると思いますが、少なくとも想定の範囲内ならこうなるってワケです。

京都府を斜めに横断して、兵庫県にもその範囲は広がっています。

この想定図では判りませんが、この先には大阪府がありますから、全く無影響ってのも考え難いですよね。

でも、今回の説明は、福井県に隣接する滋賀県京都府だけなワケです。

兵庫県大阪府へは、今回の説明がされなかったのではないでしょうか。

さて、みなさんは、この想定図を見てどのように思われますか。

ちなみに、京都府のWebサイトを探しましたが、私はこの想定図を見つけ出すことができませんでした。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

東日本大震災から1年

信じ難いテレビの画像に釘付けになり、親戚は居ないながらも身の安全を心配し、甚大な被害に心が痛んだ東日本大震災から1年が経ちました。

正確に言えば、地震から1年が経っただけで、災害は今も続いているのですが・・・。

平穏な日常を暮らさせていただいていることに感謝をしながら、追悼式の時間に合わせて黙祷をしました。

目の前の幼い子達にも同じようにさせますが、大変な目に遭った人々がいることは解りながらも、黙祷意味理解せず、緊張が続かず無邪気に遊び始めます。

としてではなく、日本に生きる大人として、社会人として、この幼い子達に、何を教え、どう育てるべきなのか。

その重い責任を感じつつ、自分自身に問いかけました。

恥ずかしい親、恥ずかしい大人には、決してなりたくないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)