カテゴリー「趣味」の記事

2019年12月14日 (土)

先日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(上り)

福知山駅で撮影したは、国道9号線ショートカットして走らせ船岡~園部沿線通称湖池屋ストレート待ち構えました。

撮影地着いた時には、すでトワイライトエクスプレス瑞風船岡駅到着済みですが、36分間運転停車時間利用して撮影機材設置し、出発余裕待ち構えることができるんです。

この時期は、一年のうち日入時刻最も早い時期で、いわゆる冬至十日前時期当たります。

船岡駅発車時刻15時59分で、日没約45分前なのです。

付近の地形山あいですから、もう少し早い時刻太陽山の向こう沈んでしまいます。

陽光輝く姿撮るには、ギリギリタイミングなのです。

ほぼ真横からの夕陽浴びて、コガネムシのようなメタリックグリーン車体輝かせ走り去って行く姿は、なんとも言葉には表せません

その美しさ映像お伝えしたいんですが、技術伴わないためにみなさんお伝え出来ないのが残念です。

Snapshot483

今後は、日の出お正月まで遅くなるものの、夕方日の入はだんだん遅くまで明るくなって、トワイライトエクスプレス瑞風撮影には影響少なくなっていくので、撮り易くなっていくことでしょう。

これからは、冬のお天気の方が心配ですね。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
タカラトミーモール

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

一昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(上り)

今年最後山陰コース運行となりました。

お天気は、申し分のない晴れ

ぜひとも順光撮影地で、陽光浴び輝く車体のトワイライトエクスプレス瑞風撮りたいものです。

Snapshot474

しかし、この時期は「冬至十日前」に近い一年のうちで最も日没時間早い時期です。

山あいにある丹波地方は、低い太陽位置から落とされる山影が、早い時間から忍び寄って来ます。

15時にもなれば、すっかり夕方の景色なってしまうのです。

そんなこともあって、撮影地福知山駅選びました。

入線時刻14時19分早い時刻で、8分間もの運転停車時間があるため、ゆっくり撮れるからです。

しかし、入線順光撮ることが可能3番のりばプラットホーム短く停車したトワイライトエクスプレス瑞風7号車くらいまでしか長さがありません。

停車後は、仕方なく入線する2番のりば移動をしますが、真逆光なってしまうため、あまり好ましくありませんね。

それでもせっかく機会ですから、トワイライトエクスプレス瑞風間近眺めさせていただきました。

この季節だからこそ、ちょっと期待して5号車サロン・ドゥ・ルゥエストから車内覗かせてもらいましたが、残念ながら未だクリスマスツリー飾られているようには見受けられませんでした。

そんな寄り道をしていたもんですから、運転士さん交代には間に合わず今回動画ご紹介することはできません

8分間も時間がありますから、ゆっくり先頭車へと向かいます。

JR西日本職員さんお見送りのため整列されていますが、カメラを持ってその後ろ通る時には、屈んだり避けたりしてお心配りをいただき、ありがとうございます

Snapshot476

発車時には、トワイライトエクスプレス瑞風屋根設置されたスピーカーで、4号車車掌室から出発する旨放送があります。

ゆっくり動き出し残りあと少し旅路を、終着に向け走って行きます。

JR職員さんは、トワイライトエクスプレス瑞風福知山城建つ丘向こうその姿消すまで、ずっと振り続けお見送りをされます。

さて、次の撮影地船岡まで車を走らせることにしましょうか。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
サイバーリンク

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(下り)

山家駅への入線を撮影約20分間もの長時間運転停車をするんですが、山家駅プラットホームから間近かトワイライトエクスプレス瑞風ゆっくり見ることができるのは魅力的です。

何組も見物ギャラリーや、サインボードコミュニケーションをされるお兄さんが居らっしゃいます。

ところが残念なことに、いつも同行する6歳の息子トワイライトエクスプレス瑞風への興味最近薄れてきて、ホームへは行かない言うので、次の撮影場所として第四下原踏切移動しました。

Snapshot472

晴れていれば、順光トワイライトエクスプレス瑞風車体輝く位置にある撮影地で、今の時期バックの山紅葉撮れるので狙っていたんですが、冬の天候重たい曇り空なってしまったため、彩りイマイチでした。(悲)

でも比較的広い視野撮影地なので、複数台カメラを使ったパノラマ風撮り方できるし、少しの望遠引き寄せ流し撮り風撮ることできるので、お気に入り撮影地です。

今回撮影では、アクシデントありました。

それは、3軸スタビライザーが、突然機能停止をしたこと。

トワイライトエクスプレス瑞風来る前にも、2度機能停止していたので、対処心構えできていたんですが・・・。

いよいよ踏切姿現し瞬間・・・機能停止!!

焦りましたよ。

動画編集上、そのシーン入れなければ成り立たないので、3D版動画にはその瞬間ガッツリ入っています。(泣)

反対に、嬉しい瞬間ありました。

トワイライトエクスプレス瑞風運転士さんが、一番近い位置ズームアップしている時に、こちら視線くださったことが嬉しかったですね。

この下の写真クリックすると拡大できるので、こちら向いていらっしゃるのがお判りいただけると思います。

Snapshot471

それと、これも残念なことのうちのひとつではありますが、この撮影地最近では他の撮影者もあまり居らっしゃらないんです。

珍しさ関心徐々薄れてきて、人気無くなってきていることを実感します。

その代わり自由心置きなく撮れるので、今後も時々立ち寄りたいと思っています。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
星野リゾート特集 びゅうトラベル

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

本日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(下り)

全国的に空模様となった今日

今季一番寒い日でしょうか・・・。

冬の天候となると、日本海側の気候である丹波地域は、重たい曇り空になってしまいます。

Snapshot466

今日も、時々陽射しがあるのですが、すぐ曇ってしまって、今にも冷たい雨落ちてきそうになることもありました。

陽射しとが繰り返され天候こそ、日本海側の冬空特徴なのです。

撮影する側からすると、陽射し喜び曇り悲しみ一喜一憂連続で、とうとうトワイライトエクスプレス瑞風やってくる時刻になりました。

結果は、重たい曇り空・・・。(悲)

はぁ・・・、ま、春まで仕方がないですね。

今後は、いっそのこと雪景色の中を疾走するトワイライトエクスプレス瑞風撮れることを期待しようと思います。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
タカラトミーモール_クリスマスセット2019

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

JCBから2020年のオリジナルカレンダーが届きました

ザ・クラス会員には、申し込み手続きなし無料送ってくれるJCBオリジナルカレンダー届きました。

4~5日前には届いていたので、曜日の関係でのズレはあれど、ほぼ同じ時期に届いています。

Dscf7854

昨年も書いたとおり、一昨年までの角筒ではなく昨年と同じように送り状濡れ・汚れ防止ビニール包装折れ曲がり防止保護用厚紙添えられている丁寧な対応でした。

無駄な過包装だと感じ取られる方あるかもしれませんが、相手贈る品物であるという日本人が持つ配慮ある対応に、心地よさ感じます。

Dscf7857

カレンダー本体は、昨年と同じようにひと月毎フリップアップ形式ですが、今年更なる進化がありました。

昨年カレンダー留めるためのパンチ穴開けられていて、ピンなどで留める方式でしたが、月が進んで翌月捲る時には、留めているピンから外すという必要がありました。

Dscf7860

今年は、この部分プラ製ホルダー装着して添付されていて、その使用方法説明書き添えられていました。

これで、わざわざピンから外さなくても、留めたまま捲った月のページ差し込むだけで済みます。

この方式は、JALのカレンダーにも従来から採用されていますね。

小さな変更点ですが、便利使ってもらおうとする意気込み感じられます。

さらに、最初のページ抜け落ち防止のために届いた時から折り返し引っかかるよう折り目つけられていて、細かい配慮覗えます。

Dscf7866

気にならない人から見れば他愛もないこと目を付けて・・・と思われるかもしれませんが、企業顧客に対するスタンス判る重要な部分だと考えています。

JALカレンダーANAカレンダーとの違い毎年比較しているのも、JCB三井住友VISAアメリカンエキスプレスダイナースクラブとを比べてきたのも、そういう見地からのことなんです。

結果昨年末には三井住友のプラチナカードをダウングレードしたという行動に反映されたのですからね。

Dscf7862 Dscf7864

暮れ感謝挨拶という日本人慣れ親しまれ慣行行事は、グローバル化見直しをされる中で取捨選択されるものがありますが、昭和生まれのオヤヂにとっては、単なる顧客であると同時に、企業運営資本参加するか否かという重要な判断にも影響しているのです。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
JAL 日本航空
JAL日本航空 先得

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊)

最近、出演者交代などで話題になっているNHK大河ドラマ麒麟がくる」ですが、今回主人公明智光秀ゆかりの福知山城バック撮影してみました。

盆地特有底冷えのする夜明けから快晴だったのですが、お昼過ぎには丹波地方冬天気特徴である曇り空になってしまいました。

Snapshot463

それでも撮影地向かうまで陽の射すこともあったので、これなら安心思っていました

ところが、撮影地着くと、重たい曇天変わっており、厚い雲陽光遮られ露光不足がち

少し残念な状況ながら、明智光秀福知山城から、上洛都に上る)のために土師川橋りょう渡っていくトワイライトエクスプレス瑞風撮影することができました

高らか鉄橋響かせ京都向け駆け抜けて行きました。

そろそろ一年一番早い日の入り時刻時期迎えます。

天候によっては、薄暗いような状況考えなければなりませんね。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
デル株式会社

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

SFCから2020年のANAカレンダーと手帳が届きました

昨年一昨年より1週間ほど早い書いたんですが、今年さらに早くなって16日届きました。

JAL例年どおり同じ時期届きますが、ANA届く時期バラバラなのはなぜなんでしょうね。

Dscf7829 Dscf7831

届いた荷物梱包は、昨年と同じ全く無地単なる段ボール箱でした。

中身の構成は、あいさつ状カレンダー手帳変わりありません

Dscf7837

カレンダー本体は、今年も裸のままで、ふわっと3つ折りです。

折り癖真っ直ぐ伸ばすのに少し手間必要ですが、そんなもの大したことではないですけどね。

Dscf7838_20191118142401

ただ、今年ARアプリを使った動画再生ギミックについては、何も触れられていませんでした。

今年も昨年まで同様ギミック仕込まれているのかどうかは、試してもいないので判りません

Dscf7852

手帳に関して、差し替え式手帳本体は、1か月単位見開きで、変更された様子見受けられませんでした。

カバーについては、例年のようにデザイン変えられています。

Dscf7844 Dscf7851

今年は、カードサイズ青いステッチポケットついていました

Dscf7849

JALとの違いは、このデザイン変更あるので、手帳不要選択しないという人が多くいる思われることです。

ウチは、これ楽しみなのと、比較都合上JAL手帳不要選択していないんですけどね。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
ANAの国内・海外ツアー【ANAトラベラーズ】

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

昨日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陽・山陰コース(周遊)

今まで恵まれなかった天候一気に返上しても余りあるくらいの晴天文句つけようありません

この晴天に、どこ撮ろうかと悩んだ結果低い夕陽照らされトワイライトエクスプレス瑞風撮ろうと思い、質美川橋りょうを臨むお立ち台へとやって来ました。

2週間前に撮ったばかりですが、今年見つけこの場所気に入っているのと、2週間後運行時には日入時刻との兼ね合いで、山の陰入ってしまって輝き撮れなくなっているかもしれないと思い、撮り出向きました。

Snapshot457a

前回は、5分前晴れたばかり陽光弱かったんですが、今回しっかりとした陽光照らしてくれました。

落日ギリギリ低い位置夕陽を浴びて、トワイライトエクスプレス瑞風車体色黄金色輝く様は、大変美しいものでした。

また、コンクリート橋とは異なり鋼製鉄橋谷間轟音響かせ渡る姿威風堂々

JR西日本フラッグトレインとしての貫禄感じます。

質美川橋りょう渡った後は、下山駅での4分間運転停車に、高屋川橋りょう見上げる川岸移動しました。

今回は、前回以上シルエット状態が期待できます。

いつもは行き違い列車特急はしだて7号若干遅れることが多く4分間言えど余裕あるんですが、今回早着か感じるくらいのタイミングでやってきて、機材の設置あたふたとしました。

下山駅での離合から発車までを撮る余裕なく発車したばかりトワイライトエクスプレス瑞風追う余裕すらなく高屋川橋りょう渡る姿収めることに専念しました。

若干車体の色解りますが、ほぼシルエット状態で撮ることができました

質美川橋りょう同様轟音響かせ渡っていくトワイライトエクスプレス瑞風は、同じ列車ながら黄昏の空シルエット浮かぶ姿になると、鉄橋渡る音もどこか哀愁漂わせるように感じるのは、気のせいでしょうかね。

これから冬天気の日多くなるので、また撮影地選ぶのが難しくなりそうなのが悩みどころです。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
VAIO STORE
VAIO STORE

| | コメント (0)

2019年11月12日 (火)

先日のトワイライトエクスプレス瑞風 山陰コース(下り)

9月の後半から10月いっぱいは、トワイライトエクスプレス瑞風撮影の日には、天候恵まれないことが続きました。

今回は、打って変わって良い天候恵まれたため、久しぶり撮影地出向きました。

Snapshot452

まずは、通称広野カーブ

ここは、3月30日の撮影以来、約7か月ぶりの撮影です。

安栖里~立木河岸段丘地形にある大きなカーブで、京都方面からS字カーブに始まり、大きなカーブの後、トラス式下の郷川橋りょうを渡ってカーブで見切れていく、視野広い景色の中を駆け抜ける姿撮ることができます

とても好きな撮影地なんですが、夏場雑草の繁茂見通し遮られ撮影難しいため、どうしても秋から冬場撮影なってしまいます。

撮影した立ち位置は、架線だけでなく付近電柱電話線電力線うるさいのですが、静止画とは異なり動画はあまり気になりません

静止画撮影者他にいらっしゃいましたが、もっと寄った位置電線避け撮られるので、競合はしないのが気楽な位置です。

ただ、高倍率ズーム使用しながら撮影は、技術力の無さ露呈してしまっているところがお恥ずかしい限りですね。(恥)

固定焦点3Dカメラ3台並べパノラマ風に撮った映像合わせて、マルチ画面構成するのがウチの定番になっています。

ここでの撮影を終えると、急いで撤収し、次の撮影地向かいます。

Snapshot3d189

立木駅行き違い列車待ち合わせのために数分間運転停車しているトワイライトエクスプレス瑞風横目追い越し山家駅ほぼ同時到着します。

山家駅では21分間もの運転停車をするので、そのまま撮影しても良いですが動きがない動画つまらないので、運転停車利用して、さらに先撮影地向かいます。

Snapshot454

続いて場所は、山家~綾部にある第四下原踏切

ここは、6月1日の水鏡に映る映像以来、約5か月ぶりにやって来ました。

3年前に休耕田で栽培されていた後、しばらく栽培されていなかった田んぼに、久しぶり花蕎麦赤い花咲いていたので、撮影をすることにしました。

ここでも、2台3Dカメラパノラマ風狙った映像と、列車追いかけ流し撮り風の映像を、マルチ画面構成することを前提撮影しています。

この場所地元では有名撮影地なので、他の撮影者いらっしゃるかなと思っていましたが、今回独占状態撮影できました

今後晴天の下撮れるいいんですが、山陰方面冬場曇天ほとんどですので、期待薄いですね。

昨年にはたった一度しかなかった雪景色撮れるいいなと思います。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
JAL日本航空 先得
JAL 日本航空 国際線航空券

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

おウチに帰ろうっ! 丹後あおまつ号で

タンゴエクスプローラー代走運用発表があると、乗りたくなるので機会をつくって出向くんですが、タンゴエクスプローラー乗車の後は、楽しかった思いを胸に蔵って帰路につかなくてはなりません。

特急はしだて号利用する早く帰れるんですが、せっかく京都丹後鉄道丹鉄)を乗りに来たんですから、名物列車乗らない手ありません

Snapshot441

丹鉄運行する観光列車のうちのひとつ、快速 丹後あおまつ号乗って帰ることにしましょう。

特急に乗っても車内販売自動販売機ありませんが、丹後あおまつ号ならアテンダントさん乗務して車内販売してくれるので、旅の気分盛り上げてくれることは間違いありません

しかも、丹後あおまつ号特別な料金は何も要らず普通運賃だけ乗車できるうえに、快速列車ですから意外所要時間短いのも魅力ですね。

今回乗車した丹後あおまつ号では、偶然の出会いがありました。

7月25日に乗車した丹後あおまつ号では、まだ乗務の研修中だったアテンダントさんが、すっかり一人前に成長して乗務されていました。

こんな鉄オタオヤヂにも、優しい笑顔応対してくださいますし、丹鉄の旅楽しみでもあります。

また丹鉄に乗りたくなる大きな理由のひとつですね。(笑)

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
サイバーリンク

| | コメント (0)

より以前の記事一覧