カテゴリー「カード」の記事

2020年1月 5日 (日)

アメックス プラチナのセカンドカードの更新カードが届いた

あけまして おめでとう ございます
今年もよろしくお願いします

 

今年初ネタは、クレジットカードからです。

アメックスプラチナカードは、昨年メインカードはメタル製カードになりました。

Dscf7868

今回セカンドカード更新は、従来どおりプラスチック製のカードです。

ちなみに、家族カードメタル製ではなくプラスチック製なんです。

Dscf7875

決済のデバイスとして使うカード1枚に掛けるコスト考えると、そりゃそうだわなって感じですが、それじゃ、なんでメインカードメタル製にする必要あったのでしょうか

それは、今の時代多数決済方法乱立していることが発端ではないでしょうか。

キャッスレス推進政策を受け、電子マネー加えて、〇〇Payという新たなライバル現れている中で、いざ支払いの場アメックスのカードを出し使ってもらう必要あるからです。

Dscf7872

電子マネーならポケットからスマホ出しケース入ったままかざすだけでOK、〇〇Pay加えスマホ画面出しQRコード読み取らせ操作必要対しクレジットカードはというとカード取り出しレジの係員渡し支払い処理操作必要になります。

明らか手間として不利なのは、クレジットカードですよね。

Dscf7877

さらに、財布の中にある複数クレジットカードから、アメックス プラチナ選び抜き出されるという勝ち抜き戦展開されるワケです。

それでもなおかつ使ってもらうためには、これ見よがしステータス性誇示するという、とってもアホな行動頼るしかないのです。

Dscf7881

コンビニなどの少額決済プラチナカード見せびらかすというのはどうかと思いますが、食事衣料品など万単位決済になると、出番やってくる可能性ありますよね。

年会費収入あるとはいえ、実際に決済使ってもらってなんぼクレジットカード業界ですから、ステータス性誇示する手法としてメタル製カード創られたのだと勝手考えています。

Dscf7884

それなら、セカンドカード家族カードプラスチック製では本末転倒なのではないのでしょうか。

いざ決済の現場多くのライバル押し退けて、スッ選ばれ取り出されクレジットカードとしての効果期待するのであればメインカードだけなくセカンドカードも、家族カードも、メタル製するべきだと思うんですけどねぇ。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

JCBから2020年のオリジナルカレンダーが届きました

ザ・クラス会員には、申し込み手続きなし無料送ってくれるJCBオリジナルカレンダー届きました。

4~5日前には届いていたので、曜日の関係でのズレはあれど、ほぼ同じ時期に届いています。

Dscf7854

昨年も書いたとおり、一昨年までの角筒ではなく昨年と同じように送り状濡れ・汚れ防止ビニール包装折れ曲がり防止保護用厚紙添えられている丁寧な対応でした。

無駄な過包装だと感じ取られる方あるかもしれませんが、相手贈る品物であるという日本人が持つ配慮ある対応に、心地よさ感じます。

Dscf7857

カレンダー本体は、昨年と同じようにひと月毎フリップアップ形式ですが、今年更なる進化がありました。

昨年カレンダー留めるためのパンチ穴開けられていて、ピンなどで留める方式でしたが、月が進んで翌月捲る時には、留めているピンから外すという必要がありました。

Dscf7860

今年は、この部分プラ製ホルダー装着して添付されていて、その使用方法説明書き添えられていました。

これで、わざわざピンから外さなくても、留めたまま捲った月のページ差し込むだけで済みます。

この方式は、JALのカレンダーにも従来から採用されていますね。

小さな変更点ですが、便利使ってもらおうとする意気込み感じられます。

さらに、最初のページ抜け落ち防止のために届いた時から折り返し引っかかるよう折り目つけられていて、細かい配慮覗えます。

Dscf7866

気にならない人から見れば他愛もないこと目を付けて・・・と思われるかもしれませんが、企業顧客に対するスタンス判る重要な部分だと考えています。

JALカレンダーANAカレンダーとの違い毎年比較しているのも、JCB三井住友VISAアメリカンエキスプレスダイナースクラブとを比べてきたのも、そういう見地からのことなんです。

結果昨年末には三井住友のプラチナカードをダウングレードしたという行動に反映されたのですからね。

Dscf7862 Dscf7864

暮れ感謝挨拶という日本人慣れ親しまれ慣行行事は、グローバル化見直しをされる中で取捨選択されるものがありますが、昭和生まれのオヤヂにとっては、単なる顧客であると同時に、企業運営資本参加するか否かという重要な判断にも影響しているのです。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
JAL 日本航空
JAL日本航空 先得

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

SFCから2020年のANAカレンダーと手帳が届きました

昨年一昨年より1週間ほど早い書いたんですが、今年さらに早くなって16日届きました。

JAL例年どおり同じ時期届きますが、ANA届く時期バラバラなのはなぜなんでしょうね。

Dscf7829 Dscf7831

届いた荷物梱包は、昨年と同じ全く無地単なる段ボール箱でした。

中身の構成は、あいさつ状カレンダー手帳変わりありません

Dscf7837

カレンダー本体は、今年も裸のままで、ふわっと3つ折りです。

折り癖真っ直ぐ伸ばすのに少し手間必要ですが、そんなもの大したことではないですけどね。

Dscf7838_20191118142401

ただ、今年ARアプリを使った動画再生ギミックについては、何も触れられていませんでした。

今年も昨年まで同様ギミック仕込まれているのかどうかは、試してもいないので判りません

Dscf7852

手帳に関して、差し替え式手帳本体は、1か月単位見開きで、変更された様子見受けられませんでした。

カバーについては、例年のようにデザイン変えられています。

Dscf7844 Dscf7851

今年は、カードサイズ青いステッチポケットついていました

Dscf7849

JALとの違いは、このデザイン変更あるので、手帳不要選択しないという人が多くいる思われることです。

ウチは、これ楽しみなのと、比較都合上JAL手帳不要選択していないんですけどね。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
ANAの国内・海外ツアー【ANAトラベラーズ】

| | コメント (0)

2019年10月31日 (木)

JGCから2020年のJALカレンダーと手帳が届きました

今年もこの季節来たなぁ~って感じです。

JALグローバルクラブJGC会員に対する2020年カレンダー手帳届きました。

10月下旬という例年スケジュールですね。

Dscf7805 Dscf7809

届いた荷物梱包内容は、特に変更見当たりません

カレンダー包装用封筒入れられていて、折り曲げ防止保護用段ボール添えられています。

変わらず丁寧な対応ですが、決して過飾という印象ではなく昔ながら心遣いですね。

Dscf7813 Dscf7815 Dscf7819

手帳は、セロハン袋に、筒状の厚紙保護され、差し替え式手帳本体包む定番デザイン革風カバーは、例年と同じです。

昨年書きましたが、この安定感のある普遍的対応は、期待裏切らないJALらしさですね。

Dscf7821 Dscf7823 Dscf7828

アプリ入れスマホカレンダー各月写真かざすと、動画再生されるギミックは、今年も変わらず仕込まれています。

その月カレンダー写真捲る時期合わせて、動画見ることができるようになるのも、例年と同じです。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
JAL 日本航空

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

SFCダイナースプレミアムカードをSFCとダイナースプレミアムとに分ける(その5)

その4はコンパニオンカードの話題で、少々横道逸れましたが、その3でプロパーのダイナースプレミアムカードの発行が実現しました。

でも、冷静考えると、それは新規発行しただけですから、今まで手元にあったSFCダイナースプレミアムカードは、まだ何ら手続きしていないワケですから、全く変動ありません

Sfc

つまり、現状では、プロパーダイナースプレミアムカードと、提携SFCダイナースプレミアムカードとを1枚ずつ各々持っていることになります。

これは、ダイナースクラブプレミアムカード2枚重複して持っているのと同じですから、カード年会費だって2倍必要となるワケです。

他にもアメックスプラチナJCBザ・クラス年会費必要ですから、このままじゃカード年会費大きな負担になってしまいます。

Dscf6732 Photo_20190923173501

そこで、提携SFCダイナースプレミアムカードダウングレードして、年会費負担軽減したいと思います。

今度手続き簡単で、電話1本OKでした。

電話をしてから数日経って届きました。

初めて見るSFCダイナースクラブカード手元にやって来ました。

Dscf7720 Dscf7722

このカードは、ダイナースクラブとしては一般カードなのですが、世間的にはゴールドカード級扱いなので、これでもそれなり年会費必要です。

特にANAとの提携カードにおいては、JCBVISAマスターカード各々ゴールド級カード比べても、約2倍もの年会費金額になっています。

Dscf7725

でもこのカードダウングレードしたことで、年会費約5分の1になりましたので、かなり低減できました。

しかし、さらJCBVISAマスターカードゴールドカードにすれば年会費10分の1に、もっと下げ一般カードにすれば年会費15分の1にまで低減することが可能です。

Dscf7726

ただし、それ実行しようとすればSFCダイナースクラブカード退会して、別のカードブランドSFC一般カード入会する手続きとなるため、今まで貯めてきたダイナースクラブカードポイント無効となりますし、拘り続けてきた入会年表記失われてしまいます。

クレジットカードマニアとしては、大変重要となる部分ですから、ここは慎重判断する必要がありますね。

この続きは、また今度のお話に。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

SFCダイナースプレミアムカードをSFCとダイナースプレミアムとに分ける(その4)

初度の目的であるプロパーカードを新規発行したことで、提携カード状態脱して、いよいよふたつ目目的であるコンパニオンカード発行することが可能なカードを持つ状況になりました。

Dscf7705

今回プロパーカード新規発行申込書と、コンパニオンカード付帯発行申込書兼用でしたので、一気両方のカード届きました。

コンパニオンカードは、マスターカード最上位グレードであるワールドエリートです。

Dscf7708

今まで日本においては、マスターカードワールドエリート発行しているカード会社といえば、ラグジュアリーカード唯一1社のみでしたが、ここにきて三井住友トラストクラブ発行始めたので、独壇場では無くなりました。

ダイナースクラブといえば、世界で初めてクレジットカードとしての威厳があるため、そのステータス性かなり高いものと認識されていますが、肝心カード会社運営という視点で見る限り上手くありませんでした。

経営不振から、シティーバンクグループに買収され、さらに三井信託銀行グループに再度買収されるというありさまで、ブランドイメージだけ売られ買われているという状況です。

現在発行権有す三井住友トラストクラブは、ダイナースクラブブランド得たものの、決済可能加盟店数絶対数的に少ないため、そこにテコ入れする手法として、コンパニオンカード打ち出したのだと考えています。

Dscf7714

世界最大ネットワーク有すマスターカード加盟店決済可能カードとなり、ブランドイメージ合わせれば鬼に金棒です。

結局、体裁ダイナースクラブプレミアムカード本体で、マスターカードワールドエリート付帯なのですが、実態マスターカード本体で、ダイナースクラブ付帯なのだろうと考えます。

だからこそ、ダイナースプレミアムインビテーション対応発行するという口実であっても、決済能力推し量るための収入審査マスターカード新規発行のために行われたのだろうと推測しています。

Dscf7717

憧れダイナースクラブ悪く言うのは心苦しいですが、決済用カードマスターカードベネフィット用カードダイナースクラブというのが現実だと思われます。

ま、それでも消滅せず存続していてくれるだけ、ありがたい思わなければいけませんね。

さて、3つ目目的である、分離したスーパーフライヤーズカードSFC)を入手する順番です。

この続きは、また今度のお話に。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
えきねっと びゅう国内ツアー

| | コメント (0)

2019年9月18日 (水)

SFCダイナースプレミアムカードをSFCとダイナースプレミアムとに分ける(その3)

インビテーションとは思えない体裁だけのインビテーションに応じて申込書を送った結果返ってきました

Dscf7670 Dscf7675 Dscf7677

審査無事合格のようです。

これで、晴れてプロパーダイナースプレミアムカード手にすることができました。

Dscf7681 Dscf7682

写真見比べてもらうと解ると思いますが、カードおもて面右肩標記されていたスーパーフライヤーズANAカードスターアライアンス・ゴールドや、うら面楽天Edy標記無くなっていることにお気づきだと思います。

Sfc

スッキリとした印象で、提携のないプロパーカードらしさ際立ちますね。

カード標記唯一残念だったのは、入会年MENBER SINCE)が今年になってしまったこと。

これで、以前からお付き合いあったことが、見た目には何にも判らなくなってしまいました。

同封物には、あいさつ状規約パンフレットなどがありました。

Dscf7685 Dscf7692

これで初度の目的ひとつプロパーダイナースプレミアムカード手にすることができました

このことで、コンパニオンカード発行可能になったワケです。

実は、今回プロパーカード申し込み同時に、コンパニオンカード申し込みしていたので、手元には同時コンパニオンカード届きました。

速報として券面は既に紹介していますが、次回は改めてコンパニオンカード紹介をすることにしましょう。

この続きは、また今度のお話に。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ
ANAの国内・海外ツアー【ANAトラベラーズ】

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

SFCダイナースプレミアムカードをSFCとダイナースプレミアムとに分ける(その2)

1枚のカード2枚に分け第1段階として、まずダイナースプレミアムカードもう1枚新た発行してもらうことになりました。

このプレミアムカード提携カードではなく発行元純正単体のいわゆるプロパーカードです。

何が純正なのかという定義難しいのですが、日本におけるダイナースクラブカードは、三井住友トラストクラブ株式会社のみが発行する権利有している状態なので、日本において三井住友トラストクラブ発行する提携なしダイナースクラブカードプロパーカードだと言って良いと思います。

JCBカード株式会社ジェーシービー発行する提携なしカードアメックスカードアメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド発行する提携なしカードプロパーカードと言うのだと考えています。

そういう視点からだと、VISAカードマスターカードは、日本で発行されているカードは全て提携カードで、プロパーカード発行する位置付けカード会社無いと考えるべきでしょう。

Dscf7613

で、そのプロパーカードインビテーション届きました。

最初のインビテーションの時と、風体よく似ています。

Dscf7618

内容物似たようなものですが、当時と比べて、若干、同封物多くなったような気もします。

あいさつ状に始まり、パンフレット冊子規約など、ひと通り説明資料入れられていました。

Dscf7620 Dscf7622

ところが、大きな違いひとつありました。

それは、肝心要申込書です。

Dsc00252

最初のインビテーションの時の申込書は、とても簡単申し込み年月日カード番号署名だけで済んだんですが、今回の申込書は、本当新規の人申し込むための全項目入り申込書だったんです。

インビテーションの経験といえば、JCBザ・クラスも、アメックスプラチナも、イオンゴールドカードだって、発行了承する意思確認の意味での申し込み日カード番号署名だけでOKだったのに・・・。

この対応には驚きでした。

Dscf7623

こりゃインビテーションじゃないな・・・。

これまでクレジットヒストリーも、お付き合い履歴も、何にも考慮されていない証拠です。

事前電話事情は通してあるものの、全く初めて申込者審査受けるための申込書でした。

審査何らか手加減があるのかどうかは判りませんが、職業年収借り入れ状況などの必須記入項目なっているのですから、決済能力審査間違いなくありそうですね。

この対応で、一気気持ち冷めてしまいました・・・。

Dscf7616

体裁上ダイナースクラブカード本体カードで、トラストクラブマスターカードコンパニオンカード位置付けになっていますが、実態ダイナースクラブブランドイメージ必要なだけで、実態カード決済能力判定トラストクラブマスターカード審査基準によるものなのではないかと推測しています。

ま、とりあえず送っておきますが、審査通らなかったら、SFCカードブランド変更し、全て解約するつもり投函しました。

結果どうでしょうか。

この続きは、また今度のお話に。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

SFCダイナースプレミアムカードをSFCとダイナースプレミアムとに分ける(その1)

既に速報的に記事にしているように、事の発端は、ダイナースクラブカードコンパニオンカード発行されることを知ったことでした。

ご存じのとおりダイナースクラブは、クレジットカードパイオニアとして、とてもステータス性高いカードとして知られています。

ただ、決済可能加盟店多くなくて、別のクレジットカード使わざるを得ない場面が少なからずあるのが難点なのです。

Dscf7714

その点考えてか、世界最大ネットワークを有するマスターカード付帯して無料発行し、決済ダイナースクラブカード一本化することで、利便性向上させる手法始まったんです。

これは便利になると思って早速手続きしようとすると、いきなり大きな壁ぶち当たりました。

手元にあるSFCダイナースプレミアムカードは、航空会社との提携カードであるため、コンパニオンカード発行対象外だったのです。

Sfc

これじゃ利便性向上望めないので、コンパニオンカード発行可能プロパーダイナースプレミアムカードと、SFCスーパーフライヤーズカード)とに分けることにしました。

元々は、それぞれダイナースプレミアムカードスーパーフライヤーズカードとを持っていて別々2枚だったんですが、以前1枚の提携カードにまとめてしまったのです。

Photo_20190916115401 Sfc_jcb

それを元々2枚の状態戻そうというワケです。

ところが、そうは問屋が卸さないというコト発覚

2枚を1枚にまとめる時には、それぞれカードの情報引き継いでまとめることができたのに、1枚を2枚に分けることはできないとのこと。

結局新たプロパーダイナースプレミアムカード新規発行し、現状SFCダイナースプレミアムカードとの2枚持ちになりそうです。

ただし、新規発行通常の申込ではなくインビテーションという形式執るとのこと。

電話1本済ませたかったのに、煩雑面倒ですね。

実は、この後予想だにしないことが次々起こるのですが・・・。

この続きは、また今度のお話に。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

マスターカードのワールドエリートカードを手に入れた!

クレジットカードハマってからは、これまで色々クレジットカード手を出しました。

特に上級カードは、申し込み可能カード今でこそありますが、当時インビテーションでしか発行されなかった時代だったので、殊更興味ありました

最初はJCBザ・クラス、続いてダイナースクラブのプレミアム、そしてアメリカンエキスプレスのプラチナと続き、ここまで来たらとVISAのプラチナも手にし、どうせなら5大陸制覇しようとマスターカード狙おうと思いながら、なかなか手が出ませんでした。

ところが、ここにきてマスターカード最上位ランクワールドエリート手に入れることができました

Dscf7714

5大陸上級カード並べたいところですが、現状では三井住友VISAカードのプラチナは手放してしまったので、当初目標どおりではありませんが、ま、一応5大陸上級カード発行してもらったということで納得をしようと思います。

アメックスに関しては、最上位センチュリオンありますが・・・これは無理だと思っています。(^^;

自分手にできる範囲の上級カードコレクションは、これで区切りつけようと考えています。

Dscf7717

このマスターカードワールドエリートを手にしたカラクリは、追々記事にしたいと思います。

この続きは、また今度のお話に。

鉄道コム にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 その他生活ブログ クレジットカードへ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧